【ホーチミンでエビ釣り】ベトナム式BBQで食べたエビが絶品だった話。

ホーチミンのエビ釣りを開拓。

マレーシア、タイに引き続き、いよいよ始まりました魅惑のベトナム編。エビ釣りのレポート記事だけで40記事以上(2022年9月現在.69記事)書き続けたこのブログですが、遂に美食が楽しみベトナム・ホーチミン編を始めさせていただきます。

わたし

ベトナム編をはじめてゆく!!

Pomちゃん

いぇいいぇい!!

わたし

記念すべき1記事目のお店がこちら!

在住日本人に有名なエビ釣り堀タンダより車で1分先にあるエビ釣り堀。見るからに雰囲気があっていい感じです。

緑に囲まれた道を歩み進めていくと、、

わたし

おお〜!

ふむふむ〜!

これはよく見る昔ながらのエビ釣り堀!大型のエビ釣り堀でいい感じに濁りがあって釣れそうな予感です。入口辺りに受付が無かったので好きな席に座ったら店員さんがエサなどの準備をしてくれました。

わたし

早速エビ釣りを始めてゆく!

今回の釣りのお供はベトナムで一番メジャーなビール、タイガービア。グラスに氷を入れて飲むスタイルが一般的でこれが南国では最高に美味いんです。

まずは一匹目!

そして二匹目!

思っていたよりもエビのアタリが少ないので、ここら辺でランチタイムを挟みます。

わたし

ビールのお供にイカの炒めものと筍の炒め物をオーダーしました!

このイカの炒め物が見た目の通りの絶品。これだけお腹がいっぱいになるまで何度もオーダーしたいくらい美味でした。

チェンマイで主流の60〜70グラムのエビがメインで入っていますが、稀に80〜90gのエビも入っていて面白い釣り堀です。

流れが速くアタリを取るのが結構難しいですが、数が揃ったので楽しみにしていたエビのバーベキューをオーダーします!

スパイスを絡められて焼かれたエビが見るからに美味しそう!

Pomちゃん

これは絶対美味しい。

そのままでも美味しい少しピリッとした味付けに、グリーンのシーフードソースを付けたら更に深い味わいで手が止まらない。。エビもプリッとしていて美味しかったです。

香草が添えられているので濃厚なエビを食べても口の中がスッキリしていて、これは一緒の麻薬ではないかと思うほど止められない味でした。

ベトナムのエビ釣りの特徴

ベトナムのエビ釣りの特徴は主に、仕掛けが台湾式であることが挙げられます。タイやマレーシアは一本針が主流で2本針はルールで禁止されています。

逆に台湾式のベトナムはこの写真のレンタルロッドに付いている2本針が主流です。

今回訪れたエビ釣り堀はタイ式の1本針が禁止されていて、2本針に付け替えるように言われて変更の上で釣りをスタートしました。

普通に考えれば1本針の方がお店に不利なのに2本針を勧めるには意味があります。

Pomちゃん

2本針があった方が釣れる可能性が高いんじゃないの?

わたし

実際に釣りをしてみたら、2本針の方が針が小さくて実は掛かりにくいかも。

Pomちゃん

じゃあ、針を大きくして2本針にしたら??

わたし

多分無茶苦茶釣れるけど、針交換してって言われそう笑

Pomちゃん

確かに笑

わたし

あと、レンタルロッドの釣竿が硬すぎて小さい針だとエビが弾かれるから少し柔らかめの釣竿を持ち込んだら釣れる確率が上がること間違いなし。

Pomちゃん

ほほお〜

まとめ

ビールが美味しい、ご飯が美味しい、そしてエビの調理が神がかっていたホーチミンのエビ釣り堀。今回は4時間で7匹(焼いている間に釣れた1匹を含める)となかなか渋い結果に終わりました。

調べている限りベトナムの釣り堀はマレーシアのように激流の場所が多そうなので、2本針ルール用に錘を準備して新たにエビ釣り開拓を進めていこうと思います。

少し難易度は高いですがエビ釣り後の料理が楽しみすぎてこの記事を書いている間もお腹が空いて来ました。

それでは、次のエビ釣り堀開拓記をお楽しみに!

神谷純平

Pomちゃん

いぇいいぇい!!

追記:その後15店舗以上回りましたが2本針必須ルールはこのお店のみでした。

行き方・営業時間

お店の名前:Câu Tôm Giải Trí A Đỉnh(カウトムアディン)
住所:1145 Bình Quới, Phường 28, Bình Thạnh, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
お休み:なし
営業時間:08:00〜21:00
電話番号:0909 813 287
公式ページ:http://cautombinhquoi.com
料金表:1時間110,000ドン
(11万ドン=約590円)
言語:ベトナム語
貸し竿:あり
調理代:エビ焼(100g 8,000ドン)
行き方:1区からグラブタクシーで130,000ドン(約697円)。渋滞にもよりますが、20〜35分で到着します。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!