エビが釣れたらお金が貰えるホーチミンのエビ釣り堀【ベトナム編】

ホーチミンのエビ釣り堀を開拓

ベトナムのエビ釣り開拓は続きまして、外国人がよく訪れるエビ釣り堀から地元民しかいないエビ釣り堀に足を歩めて行きます。

ここからが本当の冒険のはじまり。日本人の誰もが見たことのない世界を開拓して行きます!

Pomちゃん

いつも思うんだけどJUMPEIはこういう地元のお店怖くないの?

わたし

怖いが半分。ワクワクが半分。でも、ビジネスも遊びも何かを開拓するってのはいつもこんな感じ!

Pom

いぇいいぇい!

今回のお店はメイン通りから少し奥まった路地にあるようで、Google Mapsにも道が難しいとのコメントありました!

確かに現地に着いたものなかなか見つからず。ベトナム語でcâu tôm=エビ釣りという目印を探して歩きます。

小さなcâu tômと書かれている看板を発見!しかも20mとすぐそこです。

建物と建物の間を歩み進めまして、、

エビの釣り堀を発見!裏道の住宅地の中にあって驚きの立地です。

気になるエビ釣り堀は昔ながらの濁り系、18席の中規模のエビ釣り堀になります。ベトナム人の使っている釣竿が長いこともあり、1席の区切られたスペースが広くて釣りがし易そう!

ここの釣り堀も特に受付はなく、空いている席に座っていいか店員さんに確認して席に座り、釣りの準備を始めます。

待っていたら、すでにエビの入ったビク(エビを活かす袋)を渡してくれました。
最初から一匹無料で付いて来るらしく嬉しいサービスです!

コーラをオーダーして釣りを開始!

で、でかい!!
一匹目から100gオーバーの大型のオニテナガエビを捕獲。

二匹目をゲット!
これまた大きなオニテナガエビで、ここのエビ釣り堀が8時オープン10時入店でほぼ満席だった理由が伺えます。

三匹目をゲット!!

わたし

き、君はまさかのリボン付きのエビちゃん!!

タイ・チェンマイの場合だと20バーツ(約73円)が貰えて、

タイ・バンコクの場合だと生卵が30個貰えたこのエビリボンシステムでしたが、

なんとベトナムでは100,000ドン(約540円)が当たりました!金額だけで言えばタイよりもベトナムの方が豪華な景品です。

Pomちゃん

お祭りみたいで楽しいね〜!

その後もいい感じのペースで釣れてゆくエビちゃん達。

1時間45分で最初の1匹+6匹と大満足の結果。ちょうどお昼時だったので、2時間になる前にエビを焼いてもらいます。

最初に運ばれて来た海鮮チャーハン。エビ以外にもタコが入っていて味わいが最高!チャーハンなのにパリパリとした食感で食が進みます。

そして大量のエビ焼き!

手までしっかり焼いてカットしてくれていて、割ってみたらカニカマみたいな身が出てきます。気になる味ですが、エビというよりは完全にカニで初めての体験でした。

わたし

こんな感じで放流用のエビの池の真横で美味しい料理が作られていましたよ〜!

Pomちゃん

鍋が本格的だね〜!

まとめ

事前にネットで見ていた写真だとエアーポンプが強くて釣りにならないかもと思っていたのですが、実際に行ってみるとそんなこともなく、釣りがし易い美味しいレストランを兼ね備えたエビ釣り堀でした!

エサの持ち込み、自分の釣具の使用も可能(一本針も可)で好きな方法で釣りをしても大丈夫です。30分に一回のタイミングでエビが放流されるのでエビが釣られていなくなることもありませんでした。

外国人を見かけない地元民向けのエビ釣りですが、ベトナム語が少し分かる人にとっては初心者でも楽しめるお店だと思います。

まだまだベトナムのエビ釣り堀開拓は続きますのでお楽しみに!

神谷純平

Pomちゃん

次のエビ釣りも楽しみだね〜!

行き方・営業時間

お店の名前:Hồ câu tôm giải trí Thiên Trang
住所:S20A Cư Xá Phú Lâm B, Phường 13, Quận 6, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
お休み:なし
営業時間:08:00〜22:00
電話番号:+84 90 783 87 37
公式ページ:https://m.facebook.com/hoitomquan/
料金表:1時間110,000ドン
(11万ドン=約590円)
言語:ベトナム語
貸し竿:あり
調理代:グラム数によって変わります。
行き方:1区からグラブタクシーで130,000ドン(約697円)。渋滞にもよりますが、30分前後で到着します。
メモ:釣れたエビが不要な場合はお店で買取(合計金額から値引き)してもらえます。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!