ベトナム唯一の本場チェンマイ式エビ釣り堀でのんびりな1日。

ホーチミンでエビ釣り堀を開拓

僕のエビ釣りの本拠地はタイの北部都市チェンマイなのですが、ベトナムでエビ釣りを探していた所、何やら見覚えのあるキャラクターが!

なんと、エビ釣りのマスコットがチェンマイのあるお店と全く同じエビ釣りをベトナムで発見してしまいました。

わたし

台湾式のエビ釣り堀が多いのに、タイのマスコットが使われてるってことはオーナーがタイに行ったことがあるのかも?

Pomちゃん

なんと、私の地元チェンマイ式のエビ釣りがあるってこと?

わたし

これは開拓するしか無い!

わたし

という訳で、今回訪れたお店がこちら!

Pomちゃん

見覚えのあるエビちゃん!

なんと、エビ釣り堀の仕様もチェンマイと同じで地面の上に池を建てる激浅スタイル。

キャラクターから釣り堀の造りまで全てが本場仕様。ホーチミンのエビ釣りの中でも一区から遠いお店ですが、施設の造りだけ見ても遠くまで来る価値のあるお店です!

早速席に座ると、いつもの釣りセットが届きます。ウェットティッシュが嬉しいですね!

ドリンクも揃ったのでエビ釣りを開始していきます!

釣りはじめて気づいたのですが、エアーポンプの位置もタイと全く同じで、ここの空間だけタイの北部が完全再現されています。

Pomちゃん

最高じゃん!

コーラを飲もうと思ったら早速アタリがあり、1匹目!

続けて2匹目!

立て続けに3匹目!
チェンマイでよく釣れる激浅釣り堀用の仕掛けがはまってエビをどんどん回収していきます。

そして4匹目!
サイズも最近のチェンマイのトレンドの中型サイズで、タイにいると勘違いしてしまいそうです。

その後も釣果を順調に伸ばしていきまして、、

2時間で7匹と十分な数が揃い大満足。

釣れたエビは、レモングラスと生姜でベトナム風の茹でエビとなりました!

日本だと茹でるとなると塩茹でが多いと思いますが、お国が変われば調理法も変わり興味深い調理法です。

まとめ

まさかベトナムでエビ釣りの本場チェンマイ式のエビ釣り堀に出逢えるとは思ってもいなかったので驚きでした!

ホーチミン1区からはグラブタクシーで約55分とほとんど1時間かかってしまいますが、それでも行く価値のある居心地の良いお店です。

お昼ご飯で食べたベトナムの牛肉麺も美味しかったですよ〜

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:Câu Tôm Giải Trí Tiểu Nhị
住所:95/7A Đ. Phạm Thị Giây, Thới Tam Thôn, Hóc Môn, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
お休み:なし
営業時間:07:00〜22:00
電話番号:+84383569043
公式ページ:https://www.tieunhi.vn
料金:1時間 110,000ドン(約615円)
  :3時間 300,000ドン(約1677円)
言語:ベトナム語
貸し竿:あり
釣具の持ち込み:竿、一本針可、エサの持ち込み可。
調理代:60,000ドン(約330円)1匹につき約8,500ドン計算
行き方:1区からグラブタクシーで220,000ドン(約1,230円)、約55分です。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!