【イベントを見逃すな】タイ・チェンマイのローカルエビ釣り堀を行く。

チェンマイでエビ釣りを開拓

今回のチェンマイ旅の目的であったエビ釣りの道具も無事に一式揃ったので、チェンマイを来週にも離れようかと思っています。

わたし

ここで少しだけ道具の紹介!

ウキと針の仕掛けのセットですが、今回から色ごとに仕掛けの長さを変えてどれがどの長さかすぐに分かるようにしています。

左からイエローがチェンマイ用の仕掛けで約130〜150cm。ブルーの仕掛けがバンコク用で約180cm。グリーンの仕掛けが深い池用で約200cm。オレンジが約230mになります。

仕掛けは長すぎても糸がたるむし、短すぎると手前しか狙えません。長さが適切だとフッキングが決まり易くエビがよく釣れるという訳です。ここら辺を調節出来るのがレンタルタックルとの違いです。釣竿の硬さも重要なポイントですが、仕掛けの長さで釣れるかどうかが変わるのがエビ釣り。

エビ

巧みかよ。

少し前置きが長くなりましたが、今日もチェンマイエビ釣り新規開拓を進めて行きます!

今回訪れたお店は、チェンマイ南部にある新しい釣り堀です。イベントに力を入れていて、釣れたエビをイカに交換出来るプロモがあったり、エビの他にカニも入れていたりして面白そう。

水深はチェンマイにしては少しだけ深めの24席ある中規模の釣り堀で、エアーポンプは少しだけ強めです。

コーラをオーダーして早速釣りを開始!
カニが入っているので迷わず角の席に座ります。基本的にカニは池の中心部にはおらず、壁際か角にいることが多いです。

そのはずなのに何故かバブルの近くで釣れたカニ!

散歩してたカニ

ちょっと散歩してて、美味しそうなものがあったからつい、、

一匹目がカニだったので、後はエビ狙いをして行きます。

色が鮮やかなオニテナガエビ!
ツノの部分がオレンジ色で初めて見る色です。

続けて二匹!
バブル付近で釣れないので、手前の方を探ってコンスタントに釣り上げて行きます。

気づけば2時間でエビ9匹とカニ1匹の合計10匹!なかなか良い釣果となりました。

エビを焼いてもらっている間に釣具が売っていたので少しみてみることに。

これは、、!僕の友人が卸している釣具。
横にひとつずつ手書きでかかれているのは、ウキのセット位置でかなり親切丁寧です。

釣具を見ていたらエビが焼き上がったので、タクシーを呼んで帰路に着きました。

まとめ

新しい釣り堀で様々なイベントを定期的にやっていますので、Facebookでイベントを確認してから行くと面白い釣り堀になります。しかし人気イベントがある日ですと満員の場合もあるもしれないので事前にLINEで予約してから行くのがお勧めです。

完全にローカル向けのお店で、タイ語しか通じないのでガイドさんもしくは友人を連れて行くと楽しめると思います。無料のレンタルタックルがあるので手ぶらで行っても大丈夫です。

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:บ่อตกกุ้งน้องไอริน
住所: https://goo.gl/maps/YDmprcgWXHuEr6zZ7
お休み:なし
営業時間:15:00〜23:00
電話番号:088 401 6075
Facebook:https://www.facebook.com/บ่อตกกุ้งน้องเจน-102453645033302/
問い合わせ先:LINEで0884016075を追加
料金表:1時間99バーツ
(99バーツ=約350円)
プロモで2時間目は88バーツでした。
言語:タイ語ONLY
貸し竿:あり
釣れたエビの料理:BBQ30バーツ(約106円)
行き方:道が混んでいなければグラブタクシーで旧市街から片道約234バーツ(約828円)35分の距離です。最近チェンマイで車の増えて来た配車アプリBoltを使えば現金支払いのみになりますが152バーツ(約538円)で行けます。FacebookとGoogle Mapsの住所が間違っているので、このリンクの住所を指定してタクシーを呼んでください。

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら