地元民も知らない極秘釣り堀に潜入。【タイ・バンコクでエビ釣り開拓】

バンコクのエビ釣り堀を開拓

タイの友人と合流出来るロケーション重視のエビ釣り堀はどこか考えていた所、ふと思い出したのがここのエビ釣り堀。あまりにもマニアックなのか、地元の人もあまりいない超穴場スポットです。

Pomちゃん

ふむふむ〜

わたし

外観はこんな感じ!

※Pomちゃんを知らない方はこちらから

Pomちゃん

秘密基地みた〜い!

細い路地を細かく右折左折を繰り返して辿り着くのがこのエビ釣り堀!

駅近なのにかなり複雑な場所にあって、地理を知り尽くしている地元のバイタクのお兄さんも、こんなところにエビ釣り堀があるとは、、という感じでした。

わたし

なんかここ、前に来た時エビ釣り無料だったんだよね。

Pomちゃん

無料?!

青色がテーマのエビ釣りでライトも青を採用。席の間隔を広く取った席数24席の中規模〜大規模のお店になります。

現地で友人と合流して、シンハービールを受け取り早速釣りを開始!

なにやら、端の方が浅くなっているようで中心部の深部にアタリが多い様子。

まずは1匹!
中型サイズの綺麗なオニテナガエビです。

続けて2匹目!
小さなアタリは中層を泳いでいる魚のようなので、魚のアタリがあったらすぐに引き上げて、もう一度底まで針を沈めます。

ちょっといいサイズのエビも入っていて、何よりエビのコンディションがかなり良いです。

今回は3人で1時間6匹の釣果でした!

友達が彼女を釣れてくると聞いてなかったので、もっと雰囲気の良いお店に行く為にエビは調理して貰わず袋に入れて持ち帰り。

わたし

次のお店にレッツゴー!

わたし

この青い釣り堀。エビ釣りの横にはビリヤード台も併設されていますよ〜

Pomちゃん

いい感じじゃん!

わたし

タイってこういう遊びが気軽に出来ていいよね!

ちなみにエビは、この後行ったジャルンナコン16で美味しいトムヤンクンに変わりました!やっぱり料理はジャルンナコン16が圧倒的に美味です。

まとめ

場所が複雑な所にありすぎて、地元民にさえあまり存在を知られていないこの釣り堀。観光客が来るお店ではありませんが、何度か訪れているので備忘録という形で記事に残しておくことにしました。

入れたエビは閉店時に網ですくうお店が多いのですが、ここは魚が入っているのでもしかしたらすくわれておらず、運が良ければずっと生きているエビが大量に釣れることがあるかもしれません。

決して治安が悪いエリアという訳ではありませんが、もし行く場合はタイ語が話せる人と一緒にいくことを強くお勧めします。

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:บ่อตกกุ้ง ป.เจริญไทรงาม
住所:1059 Thanon Krung Thon Buri, Bang Lamphu Lang, Khlong San, Bangkok 10600 タイ
お休み:なし
営業時間:12:00〜23:00
電話番号:+66 95 985 4749
Facebook:https://web.facebook.com/บ่อตกกุ้ง-ปเจริญไทรงาม-109895897579852/?_rdc=1&_rdr
料金表:1時間90バーツ
(90バーツ=約314円)
言語:タイ語
貸し竿:あり
調理代:エビ焼50バーツ(重さによって変わる可能性あり)
行き方:BTS Wongwian Yaiから徒歩可能。バイタクを使用する場合は駅から3分ほどで25バーツで行けます。

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!