BTS沿いのエビ釣り堀が復活!僕はずっと前からバンコクで君に逢いたかった。

バンコクのエビ釣りを再開拓

コロナ禍でバンコク中心部のラップラオのエビ釣りが次々と閉鎖していく中、影響を受けたのはこちらのお店も例外ではありません。

前からずっと気になっていたのですが行けずじまいで、今回無事同オーナーで復活したので行って来ました!

わたし

待ってました!嬉しい復活!

BTS UdomSukからタクシーで約15分で到着です!距離的には駅からあまり遠くないのですが、居住エリアにあるので少し道が混み合っている様子。

周りにはアパートメントやコンドミニアムがあるエリアで、地理的に郊外すぎなくて良い感じです!

わたし

ここに住みたいなあ。

気になるエビ釣り堀は26席の中規模タイプ。この規模感だとエビは真ん中に集まることが多いのでオープン前から常連さんは中心部に陣取っています。

僕は角を攻めてみたかったので、敢えて一番端の席を選択。コーラをオーダーして釣りの準備を始めていきます!

エサは定番の鶏の心臓レバーとは別にエビの剥き身も貰えました!

このエビの剥き身がよく釣れるのと、大物は鶏の心臓レバーを食ってこないので大物狙いの場合はこのエビの剥き身が重量な役割を果たします。

柔らかい釣竿の方が針がかりが良さそうだったので、釣竿を変えてまずは一匹目!

なかなかいいサイズです。

このままいつも通り釣り進めていくのですが、角を探っていた所に大きなアタリが!!

変なところに引っかかってよく引くのかな〜と思って引き上げていたら、

き、君は!!!

わたし

でかい!!お、大人の人を呼んでください!!

Pimちゃん

はーい!大人でーす!

わたし

KODOMO現る!

そんな茶番はさておき、、
おそらくこの池最大の凄いサイズが釣れてしまいました!

分かりやすく手に乗っけてみると、肘から指先よりも大きくてビックリ。

身もしっかりとしていますが、何より頭の味噌の部分が美味しそうです。

Pomちゃん

食べたすぎる〜!

わたし

絶対美味しい!

今回はこのエビを含めて、2時間で8匹と満足の釣果でした!

測ってもらったら全部でピッタリ1kgだったので、大型のエビが総重量を上げていることを加味しても平均サイズは大きめです。

釣れたエビはグンパオ(焼きエビ)にしてお持ち帰りに。1kgともなるとパックからはみ出るサイズ感です。

まとめ

大物を狙っていた訳ではないのですが、エビの剥き身を餌に使用していたことが功を奏したのか最大級のエビを釣ることになりました!僕はずっと君に逢いたかった、、、

釣り堀としてはかなりベーシックなタイプで、スクンビットエリアから気軽に行けるBTS近くなので普段使いに良さそうです。ローカル向けのエビ釣り堀にしては珍しく英語が流暢な店員さんがいます。

まだまだエビ釣り開拓は続きますのでお楽しみに!

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:วังกุ้ง บ่อตกกุ้ง&สวนอาหาร
住所:Soi Srinagarindra 40, Nong Bon, Prawet, Bangkok 10250
お休み:なし
営業時間:16:00〜24:00
電話番号:0840233453
Facebook:https://web.facebook.com/บ่อตกกุ้ง-วังกุ้ง-101974931213433?_rdc=1&_rdr
料金表:1時間100バーツ
(100バーツ=約352円)
言語:タイ語、英語
貸し竿:あり
調理代:エビ焼100バーツ(1kgまで)
行き方:BTS UdomSukからGRABタクシーで100バーツ(約352円)。道が混んでいなければ15分ほどで到着しますが、混み合う時間帯は20分ほどかかります。

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!