釣りが出来てお酒も飲めて最後にお土産が付いてくる。タイのチェンマイエビ釣り編

チェンマイでエビ釣りを開拓

先日、新たなエビ釣りスポットが無いか探していたところ見つかった一つのお店。Facebookページをみた所、果たしてこれはエビ釣りなのか?はたまたタイの田舎にある昔ながらのキャバクラなのか。

この投稿をインスタグラムのストーリーズにシェアしたところ、、

女性読者さんA

是非行ってレポートしてください!楽しみにしてます!

女性読者さんB

楽しそう!!ストーリーズでみせてください!!

女性読者さんC

可愛い子と一緒にエビ釣りが出来るんですか?!

まさかの男性よりも女性読者さんからの支持が絶大で、僕もどんなお店か気になったので早速行ってきました!

場所は旧市街から約15分とかなりの近場にありました。

わたし

ちゃんとエビ釣りのようです!

実は前からここにお店があることは認識していたのですが、電話が繋がらず、オープンしているか不明だったので来ていませんでした。新しい電話番号を教えてもらったので最後に情報をまとめておきます。

外観はこのような感じで、大きな駐車場がありほとんどの人がマイカーで来ています。郊外のエビ釣り場はこの造りが多いです。

早速空いている席に座って準備をしていきます!

どこのエビ釣り場でも同じですが、何も言わなくても席に座ると座った時間をメモした紙と餌を準備してくれます。これはタイ全国同じシステムです。

わたし

あれ、あのフェイスブックに載っていたお姉さんは?

それは一旦忘れて、釣りをしていきます。

久しぶりに見た大盛況。お客さんで席がほとんど埋まっています。

席に座って、一投目、、、!

釣れた!!そしてなかなかの良いサイズです。

驚くほど釣れてこのお店がキャバクラ併設なのか確認する暇もなく、どんどん釣っていきます。

30分ほどで大漁になってこれ以上釣っても食べられなさそうなので、一旦休憩。

カオパット(タイ風炒飯の)鳥をオーダーしたのですが、これが美味い!サクサクに炒められたチキンがパラパラのタイ米によく合います。マナオを絞って食べるとさっぱりしてこれまた美味しい、、

普通にレストランとして美味しくてまた食べに来たくなりました。

少し早いですが、このまま釣って海老の数を増やしても食べられないので今回はこれにて釣り終了。

まとめ

これは大盛況になるのも納得のお店だと思いました。もはや、女の子で人を呼ばなくてもエビ釣りのレベルも高くご飯も美味しいのでこのままでも良いんじゃ無いかと思ったこのお店。

飲み物の継ぎ足しをしてくれるのがFacebookに載っている女の子達で、それ以外は立地・釣り堀・レストランと、かなりクオリティの高いお店だったというのがオチでした。

チェンマイでエビ釣りをしたい人はこのお店はかなりお勧めです!

最後は釣れたエビを美味しく焼いてもらい帰路につきました。

わたし

釣りも出来てご飯とお酒も楽しめて、最後にお土産も付いてくるタイのエビ釣り。最高じゃないですか?

行き方・営業時間

お店の名前:บ่อกุ้ง บ้านพาเพลิน
住所: 222 ถ.มหิดล ต.ป่าแดด อ.เมือง​ จ.เชียงใหม่
お休み:定休日なし
営業時間:11:00〜24:00
電話番号:063-8825666
Facebook:https://www.facebook.com/papeliCNX/
料金表:1時間120バーツ、3時間300バーツ
(100バーツ=約343円)
言語:タイ語, 英語が少し通じます。
行き方:グラブタクシーで旧市街から約80バーツ(約275円)とかなり近いです。บ่อกุ้ง บ้านพาเพลินと行き先に入力してください。

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

※新着→過去記事の順に並べました!

バンコクのエビ釣り堀一覧はこちら

※新着→過去記事の順に並べました!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし10年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって10年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!