タイの田舎町の雰囲気を味わいたい人にお勧め。【チェンマイでエビ釣り開拓記】

チェンマイでエビ釣りスポットを再開拓

開拓も終盤戦。いよいよ更にチェンマイの郊外に進んでいきます。元々チェンマイのエビ釣りに外国人はいませんが、ここまで行くとますますローカル感が増してきます。

チェンマイのエビ釣りで一つ興味深いのが、カップルだけでなく女性一人で来ている人が多いこと。仕事終わりにフル装備でやって来て大量に釣って帰っていきます。

ここのエビ釣り場も釣り具の販売が充実していて、道具を揃えるには最高の環境です。
ずっと探していたTITANの130cmの釣竿もここで手に入れました!

チェンマイのエビ釣りは池の中心部よりも手前にエビが固まっていることが多いので、130cmの釣竿があると手札が増えるのでお勧めです。前の記事でも書きましたが自分のエリアを釣り切った時にどれだけ手札を切れるかが、数を伸ばせるか伸ばせないかの分岐点になります。

今回もどんどん釣っていきます!

ここの釣り場もバンコクに比べると少し浅くて水流も強すぎず釣りがしやすい環境でした。

今回は3時間で合計12匹でした!

最近の中では少ないですが、毎日エビを食べているのでこれくらいがちょうど良かったりもします。

数が伸びなかった原因としては、餌をハサミで持って食べずに移動するエビが多かったので、針を変える対策が必要かもしれません。

現地の上手い人は鮎かけ針を使っていてハサミでも掛けて釣っていて勉強になります。※敵がいないところにエサを運んで食べる習性があります。

釣った後は美味しいエビ料理を。

今回はトムヤンクンとエビ焼きを作ってもらったのですが、トムヤンクンが美味しすぎてレストラン利用だけでも来たいほど料理が仕上がっていました。

エビ焼きも盛り付けにこだわっていまして、オリジナルソースが焼きエビの味を引き立てていて最高です!

余談ですが、明らかにこの子目当てのお客さんもいて田舎町の飲み屋っぽくて何だか和みました。

ビールのプロモーションもありましたよ!!

まとめ

旧市街からグラブタクシーで350〜380THB(約1140円〜約1236円)で30分〜40分ほどで行ける、料理が美味しいローカルのお店の紹介でした。雰囲気的にタイの田舎町が好きな人にオススメのエビ釣りです。釣れたエビは、エビ焼き50バーツ(約162円)、トムヤンクン100バーツ(約325円)で調理してもらえます。

※少しローカル色が強いので、タイ語でコミュニケーションが取れる方以外はガイドを付けると無難です。

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:บ่อตกกุ้งskp
住所:1317, Sai Mun, San Kamphaeng District, Chiang Mai 50130 
営業時間:12:00〜23:00
お休み:定休日なし
電話番号:+66 84 042 2595
1時間:120THB (約402円) 
※以下の表のように、長くすればするほど安くなります。複数人でも適用出来て、例えば二人で3時間釣った場合は6時間が適用されて650バーツとなります。

定休日はありませんが、不定休で閉まっていることもあると思いますので、行く前に電話で開いているか確認することをお勧めします。

チェンマイのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!