リバーサイドのエビ釣り堀でChill Out【ベトナム・ホーチミン編】

ホーチミンでエビ釣り堀を開拓

中国での製造を中期的に見送ってベトナムの工場で商品を作ることになったので、これからホーチミンに来る機会が増えそうです。旅をしながら国ごとにビジネスのパズルを散らしていくのも、中々面白い人生になるのではと思っています。

本来ならば商社を通す部分を、このように直接現地に入って金額交渉から品質管理まで関われると、上場企業よりも安く、はるかに品質の良い商品を作れるのでお客さんにも喜んで貰えて嬉しいです。

そして何より、ベトナムに来る機会が増えることによりエビ釣りの開拓が捗るのです!

Pomちゃん

イェイイェイ!

わたし

というわけで今回訪れたお店がこちら!

川に囲まれたタンダエリアの最先端にある、Ky Anh’s Fishing Shrimp Pond。エビ以外にも色んな魚が釣れる総合フィッシングテーマパークで、実は数年前にベトナムの友人と一緒にご飯を食べに来たことがあったりします。

そして、チキンと思って鳥を食べていたら実は鳩だったという恐怖。鳩もスズメも普通にメニューに載っているので注意が必要です。

魚釣りが出来るエリア

入口に入ったら魚釣りが出来るエリアを進んで、エビ釣りゾーンへと足を進めていきます。

タンダエリアでよく見る、席番号の無い自由スタイルの大型釣り堀に到着です!到着したら席を案内されますが、すぐに座らずに池を一周して釣れそうなエリアを絞っていきます。

ベトナムのエビ釣りはこれで13店舗の開拓になるのですが、その開拓の中で分かったのはベトナムのエビ釣りは流れが止まっている場所がポイントです。どのような池でも2〜3席分はこの流れが止まっているポイントがあるので、少しでもエビ釣りを楽しみたい人は要チェック。

地元の人は中心のバブルばかり狙っていますが、この流れが止まっている場所を狙えば数釣りが楽しめます!

このようなポイントがベスト

ポイントを見つけたらいつも通り、ドリンクをオーダーしてエビ釣りのスタートです!

早速エサをつけて一投目!

わたし

ハローえびちゃん!

Pomちゃん

ハローハロー!

バブル狙いのベトナム人を横目に、釣られていなかったエビちゃんを回収していきます。

誰も狙っていないので、いい感じでエビを回収出来ます。

ある程度数をあげて行くと、ベトナム人は自分のポイントに被せてくるので早めに釣り切って被せてくる頃にはエビがいないようにするのがお勧め。笑

余談ですが、ベトナム式のエビ釣り仕掛けは2本針なので、エビがいるポイントが分かってしまったら底を引きずれば身体に引っ掛けて釣ることが出来ます。プロっぽく見える常連さんはほとんどがこの引っ掛け釣り。上手く見えるけど実は引っ掛けているだけというカラクリ。

ここでフライドポテトをオーダー。
僕の地元でもマーガリンに砂糖でジャガイモを食べるのですが、まさかのベトナムでもこの組み合わせがあるとは!

2時間で7匹の釣果でした!結局この後も4匹釣れたのですが、料理を早めにして欲しかったので一旦ここでメニューを見ます。

エビの釣り堀では、メニューからエビ料理を選ぶことが出来ます。今回は初めて見かけたエビカレーをオーダーしました。通常だとエビ500gで360,000ドン(2,054円)ですが、自分で釣ったエビで料理をお願いすると調理代180,000ドン(1,027円)なので少しお得です。

エビカレーはカボチャがふんだんに入ったエビカボチャカレーでした!ココナッツ風味で甘めのカレーにほくほくのカボチャがいっぱい入っていて美味。付け合わせのお米の麺を一緒に食が進みます。

まとめ

川の隣ということもあって涼しくて心地よいエビ釣り堀でした。エリア的に外国人がよく訪れる場所なので、比較的日本人も訪れやすいかと思います。エビ料理の種類も豊富なので、来るたびに色んな味が楽しめるのもワクワクポイントです。

エビ釣り以外も楽しめるので、エビ釣りの後にのんびり魚釣りをしても楽しそうですね!

経済が復活して来て、あと幾つか再オープンしていそうなエビ釣りがあるのでまだまだ開拓していこうと思っています。次回更新をお楽しみに!※現在ラオスにいますので、ラオス旅編の更新も予定しています。

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:Ky Anh’s Fishing shrimp
住所:435/37A Bình Quới, Phường 28, Bình Thạnh, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
お休み:なし
営業時間:07:00〜22:00
電話番号:02835565492
公式ページ:なし
料金:3時間300,000ドン(約1,754円)
  :餌代別途20,000ドン(約117円)
言語:ベトナム語
貸し竿:あり
釣具の持ち込み:竿、一本針可。
調理代:180,000ドン(約1,054円)※カレーの場合
行き方:1区からグラブタクシーで140,000ドン(約820円)。渋滞にもよりますが、20〜35分で到着します。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!