ホーチミンで唯一、日本語ペラペラのベトナム人が運営するエビ釣り堀。

ホーチミンのエビ釣り堀を開拓

旅は続きまして、肥沃な土地を持つホーチミン西部の農業地帯ビンチャイン県にエビ釣りに行って来ました。この記事でホーチミンのエビ釣り開拓も20軒目となりますが、どこに行ってもエビを釣ってお酒を飲みご飯を食べられるのは、正にエビ釣り王国です。

それでは、今回訪れたお店はこちら!

なんと、ここのお店のオーナーさんは2019年に姫路で働いていたらしく、日本語がペラペラで日本が大好きな青年が運営しています。エビ釣りは、基本的には現地に住んでいるベトナム人向けに商売しているので、日本語が通じるのはかなり珍しいですね。

他にもビリヤード場と建設系の会社を経営しているらしいですが、基本的にはいつもここにいるそうなので是非日本人に訪れていただきたいお店です!

気になるエビ釣りの釣り堀は、28席の大規模タイプ。ベトナムではベーシックな濁り系の水に、水深はチェンマイ式の80cmの超浅です。池が広くて、釣り座から真ん中まで距離があるので自分で釣竿を用意する場合は長めの竿がお勧め。

コーラをオーダーして早速釣りを開始!南国で氷が入ったコーラは身体の芯から生き返ります。

まずは1匹目!手がありませんが、立派なオニテナガエビの登場です。

続け様にエサを投入して、すぐに2匹目!!
池が広くて釣りが難しいと思っていたのですが、オーナーさんが言っている通り入っているエビの数が多いようでウキを投入すると直ぐに釣れました。

これは、在住日本人の中で有名なタンダエリアのエビ釣りと比べるとかなり簡単な印象です。

そして、台にエビを置いて撮影しようと思っても暴れてしまうほど活きが良いエビが揃っています。

蚊に刺されないように、蚊取り線香を椅子の下に置いてくれる気遣いが嬉しいです。

そんな優しいことをしてくれるのに、どんどん釣れるからいっぱい釣ってしまうダメな人。

Pomちゃん

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

わたし

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

わたし

どんどん釣っていくぜ!

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

池が広くて釣りづらいと思っていましたが、3時間で15匹の大漁でした!

釣れたエビは、サテというスパイスを付けて焼いていただきまして、帰ってからのビールのお供になりました。

まとめ

ホーチミン唯一の日本が通じるエビ釣り堀の紹介でした。池が浅いので、手前よりも真ん中のエリアを狙うとよくエビが釣れましたよ!エビ釣りが初めてな人もオーナーさんが日本語でレクチャーしてくれますので、初心者の人にもおすすめのエビ釣り堀です。

それでは、今回はここまで。まだまだ開拓は続きますのでお楽しみに!

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:hồ câu tôm vĩnh lộc
住所:18 Đường 1C, Ấp 1A, Bình Chánh, Thành phố Hồ Chí Minh 70000 ベトナム
お休み:なし
営業時間:7:00〜23:00
電話番号:+842866534009,0981370009
公式ページ:https://www.facebook.com/profile.php?id=100059772083633
料金:1時間10万ドン(約602円)
言語:日本語、ベトナム語
貸し竿:あり
釣具の持ち込み:竿、一本針可
料理:焼きエビ約5万ドン(約273円)※エビの重さによります。
行き方:1区からグラブバイクで87,000ドン(約476円)、約43分です。1区からは距離があるので、車で行く場合は混まない時間帯に行く事をお勧めします。grabでは近くのThanh Long Fish Farmが目印です。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

※新着→過去記事の順に並べました!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし10年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって10年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!