牛肉麺が絶品の郊外エビ釣り堀を開拓【エビ釣り・ホーチミン編】

ホーチミンのエビ釣り堀を開拓

旅は続きまして、ホーチミン郊外のホクモン県にエビ釣りに行って来ました。1区からバイクで50分。車で行ったら余裕で1時間はかかるので、きっとこのブログを読んで実際に行く日本人はゼロでしょう。でも、こんなところには何か一つ特別なことがあったりするのです。

わたし

というわけで、訪れたお店はこちら!

平日の午前中にやって来たので、僕が本日一番最初のお客さんでした。池のエビを毎日抜かないタイプのお店だと昨日のエビが残っていて大漁な予感です。

気になるエビ釣りの釣り堀は、24席ほどの中・大規模タイプ。水の色はクリアに近く照明が暗めでエビの動きはかなり良さそうです。ここも前回同様、池の幅が広くて、釣り座から真ん中まで距離があるので自分で釣竿を用意する場合は長めの竿がお勧め。


いつものコーラをオーダーして、エビ釣りを開始!
写真にハサミが写っていますが、いつもこのハサミでエサをちょうど良いサイズに切って使っています。

まずは1匹目!綺麗な個体のオニテナガエビの登場です。何やらこれはバブル付近に流したら大漁な予感。

続けて2匹目!エビ釣りは魚と違って無臭なので、膝の上にエビを置いても濡れるだけなので大丈夫です。笑

朝ごはんを食べずに来たので、ここでご飯をオーダー。最近このカップヌードルの乾麺を全力でアレンジしてるベトナム料理にハマってまして、辛酸っぱい牛肉と大量のネギ、刻まれた唐辛子が食欲をそそってすぐに2杯目に行きたくなるベトナムご飯です。

特にここの牛肉麺は絶品で、牛丼よりも牛が入ってるんじゃない?と思うほどの具沢山で美味でした。こういうところが誰も辿り着かない郊外にあるお店の魅力です。

その後もどんどこエビを釣って行きまして、、

Pomちゃん

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

わたし

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

Pomちゃん

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

わたし

ドンドコ、ドンドコ、どんどんどん!

コーラを飲み終わったら無料のお茶を出してくれたのに、そんな優しさは横に置いてどんどん釣っていく容赦ない釣り人。

エビの放流数の少ないベトナムではかなり多めの、2時間で13匹の釣果でした!

釣れたエビは焼きエビにして、これまた持って帰ってビールのお供として美味しくいただきましたよ〜

オーブンで焼いていて、全体的に均一に火が通っていて料理の腕も抜群でした!

まとめ

やはり釣りすぎたのか、2時間しか釣りをしていないのに40万ドン以上以上請求されました。笑
レシートを出して欲しいと言って、レシートを確認したら33万ドンだったので33万ドンを支払って帰宅。ここのお店に限らず、とりあえず多めに言っておこう的な考えの人はベトナムではどこにでもいるので念の為確認しましょう。

ご飯も美味しかったですし、エビもよく釣れたのでまた来ようと思います。

まだまだエビ釣り開拓は続きます!

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:Hồ câu tôm giải trí Yến Như
住所:39 Trần Văn Mười, Xuân Thới Thượng, Hóc Môn, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
お休み:なし
営業時間:7:00〜21:00
電話番号:+84707737608
公式ページ:なし
料金:1時間11万ドン(約602円)、2時間21万ドン、3時間30万ドン
言語:ベトナム語
貸し竿:あり
釣具の持ち込み:竿、一本針可
料理:焼きエビ約6万ドン(約328円)、麺4万ドン(約219円)
行き方:1区からグラブバイクで85000ドン(約465円)、約50分です。1区からは距離があるので、車で行く場合は混まない時間帯に行く事をお勧めします。

ホーチミンのエビ釣り堀一覧はこちら

※新着→過去記事の順に並べました!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし10年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって10年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!