【完全保存版】クアラルンプールでエビ釣り マレーシアのエビ釣り堀情報まとめ。

マレーシア・エビ釣り情報まとめ

クアラルンプールのエビ釣り堀情報を、自分の足を使って約一週間かけて全て調べ上げました。電話が通じるけどお店の人に繋がらないお店はほぼ全てタクシーで現地を見て回っています。

海外で他の人とは違った遊びやアクティビティーをしたい人、釣り好きには必見の情報になったかと思います!

それでは、せっかくなので羅列ではなくお勧め順にランキング形式で紹介していきます!

6位 RIINFA Hulu Langat

唯一のクリアウォーターでエビの活性も高く、自然に囲まれているクアラルンプール東部にあるエビ釣り堀です。大通りに出ないとタクシーが捕まらないので、夜に行く際は要注意です。

5位 Galah Paradise Prawn Fishing 

ビールが安くて、施設としては最も整ったエビ釣り掘になります。飲食物の持ち込みも可能で、何よりスタッフが温かくて居心地が良いです。

有料ですが、釣ったエビを調理してもらえます。ただ、水流が速く釣りがし難いので今回は5位という結果になりました。

しかし、大型のエビの実績がかなりある釣り堀なので時間がある方は二軒目に行ってみてください。

4位 Kolam Pancing Udang Galah Noramzah

24時間営業のエビ釣り堀。24時間常にエビを追加しているので魚影の濃さは圧倒的で、ポイントを見つけると無限に釣れ続けます。

ただ道具がないとエビを生かしておけないので在住者の玄人向け。マッドウォーターで水はあまり綺麗ではありません。

3位 EBI FISHING

タイガープラウンが釣れるエビ釣り堀です。ビールも飲めてBBQも楽しめるので旅行で釣りに行く人はここが一番お勧めです。

このタイガープラウンは基本的にマレーシアでのみ釣りが出来るエビなので唯一無二の経験でもあります。

※海水なので、普段オニテナガエビをタイや台湾で楽しんでいる人は帰宅後に念入りに道具を洗うことをお勧めします。

2位 Kolam Pancing Udang Galah kg subang

ローカル感を感じますが、スタッフの方がとても親切でアイスティー(檸檬)が絶品です。

大型のエビを中心に離している釣り堀があり、釣りにロマンを感じます。レンタルタックルも充実していますので観光客の方にもお勧めです。

1位  Sahabat

マレー語で検索しないと出て来ないローカル向けの釣り堀ですが、水深が深くエビの活性の高い理想の釣り堀です。蚊が多かったので1位にするか迷いました。※長袖とロングパンツ推奨。

エビの放流が無い時でも安定的に釣れて、大型のエビも入っているので面白い釣り場です。南部で少し遠いですが遠出する価値あります!

まとめ

マレーシアにはタイガープラウンを目的に来たのですが、タイガープラウンはどうしてもエビの放流に左右される釣りで、途中で釣りの路線を自分で釣果のコントロールが可能なオニテナガエビに変更しました。

現地の人が大体英語を話せることもあり、釣り場で現地の釣り人と仲良くなって、時にお酒を飲み、時に釣りに集中し、最高の時間を過ごすことが出来ました。

インドネシアもそうでしたが、ここマレーシアでも特にマレー系と言われる人たちの釣り好きは日本の釣り好きと同じで、本当に心から釣りが好きなんです。
異国で釣りという趣味を通じて同じことに熱中出来るのが何だか嬉しくて、本当に最高の釣り旅となりました。

このブログをお読みいただいているあなたも、是非この情報を元にマレーシアでエビ釣りにチャレンジしてみてください。きっと最高の時間を過ごせると思います!

神谷純平

追記:他にも営業しているお店はありますが、今回はEBI FISHINGを除くタイガープラウン及び不定休のお店は除外とさせていただいています。

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!