生涯通用するオンライン物販の教科書-前書き-

前書き

こんにちは、神谷純平です。この度は『生涯通用するオンライン物販の教科書』をご購入いただきましてありがとうございます! このテキストは、わたしが今も旅をしながら続けているオンライン物販について、約8年の試行錯誤を経てたどり着いた具体的な手法や考え方を、これからビジネスを始める初心者の方にも分かりやすいようにまとめた世界で唯一の教科書です。この教科書をまとめるにあたって考えたことがありましたので、まずは前書きからお読みください。

この教科書は2017年の夏頃ラオスのヴァンヴィエンという秘境で書き始めました。とは言っても、秘境とは?というのが大体の人の思う事柄です。
まずは写真で見るとそのイメージが分かりやすいと思いますので、こちらをご覧ください。

このように、ヴァンヴィエンは今もむかしの原風景が残っている豊かな山奥にある町です。

2012年の秋にバックパッカーというスタイルで初めて訪れたこの町で、
『日本という世界を出たらこんな景色が広がっているんだ』と心を打たれたことを、約9年経った今になっても思い出します。

その当時に心から想った、
『生きる場所を問わない生き方が出来たら、この地に帰って想いを書籍として残したい。』

これがいつしか夢となり、旅が終わり日本に戻ってからも親友の台湾人に語っていたのでした。

それから、オンラインだけで出来る仕事を主軸とした起業を志し、アフィリエイト、FX、株、デザイナーと様々な仕事をやってみたのですが、これが見事に稼げませんでした。笑

それから悩みに悩み抜き、海外ノマドを実践している人の元へ、高いセミナー代を出して何度も通ってみたりしたのですが、どうも出口を探せずに時間ばかりが過ぎていました。

そうして当時思いついたのが、
六本木の携帯ショップで働いてる利点を生かして、『世界で成功している人に夢を語り、話を聞かせてもらう!』こと。

お客様の個人の話を聞き出すなんて完全にコンプライアンス違反だと知っていたのですが、
成功している人はとても優しく、勤務先の近くのスターバックスで様々な経験を語ってくれました。

でもでも、よくよく聞いてみると何か怪しいビジネスの勧誘なんですよね。笑
この頃は本当に人間というものが信じれなくなりました。

でもでも、世界に飛び出しめげずにやって来て、今夢を叶えれているのは、ただ一つの確かな理由があって、

それは・・・

僕の夢は、難しいとか簡単だとかそういう理由で片付けられる未来では無かったからです。

この気持ちは、この教科書を受け取ってくださったあなたも同じだと思います。

この教科書は、これからビジネスを始める初心者にも分かるように、私が行なっている仕事を出来るだけ噛み砕いてノウハウや考え方を8年分詰め込んで書き上げました。

もちろん、好きな時に好きな場所で過ごす自由を叶えるには十分な具体性を含んでいます。

でもそれは、もしかしたら難しい内容かもしれません。面倒くさくなるかもしれません。毎日続けられないかもしれません。

めげそうになったらこの言葉を思い出してください。

『でも、難しいとか簡単だとかそういうことじゃないでしょう?』

それでは、前書きが長くなりましたが第一章を始めさせていただきます。

※2021年8月9日に最終編集。