本当は教えたくないタイ・カンチャナブリのライステラスカフェを紹介します!【観光地 Meenacafe】

タイ・カンチャナブリのおしゃれカフェ

バンコクから車で二時間。タイの友人とカンチャナブリという田舎町に来ています。

カンチャナブリと言えば、虎と触れ合える動物園があったりフローティングマーケットがあったり、アユタヤ遺跡と同様にタイを代表とする観光地です。

今日はそんな観光地の中でも地元民にしか知られていない本当に行って楽しいカンチャナブリの観光スポットを特別に紹介していきます!

地元民向けとあって移動手段の選択肢は狭い

気になる交通手段は車かタクシーのみで少し難易度が高め。今回紹介するカンチャナブリのライステラスカフェMeenacafeは、市内から少し離れた田園風景のど真ん中にあります。

シンプルで重厚感のあるカフェの建築外観と入口は、少し変わった構造をしています。

正方形の入口にカンチャナブリの寺院、Wat Tham Khao NoiとWat Tham Sueaが綺麗にはまっていて外観からワクワクが隠しきれません!

この入口を抜けた先に見えるのがこの田園風景。稲の香りが風に乗って鼻を通り抜けます。

周りは田園風景のみで他に大きな建物が無いので、青い空が広くて気持ちいい。

入口と反対側から撮影したらこのような外観をしています!

この写真に少し写っていますが、藁葺きの席もあって田舎の香りを吸いながら、どこまでも広がる田園風景の中でのんびりとした時間を過ごすことが出来ます。

田園の中で撮影をしてインスタにアップしている人もいっぱいいて、、

撮影用の伝統的なパラソルの貸し出しも無料であります!

カフェの中もガラス張りなので、写真を撮り終えたらここでゆっくりカフェタイム。

タイは日本よりもSNS文化があるので、早速アップしている人もいますね!

ここのカフェのオススメなのが、もちろん景色もそうなのですがフードと本格的なドリンクが可愛すぎることです。

ブルーベリーとレインボーケーキが美味しそう!そしてアイスティーとイタリアンソーダを頼んだだけなのに、まさかのこのクオリティ。

見た目だけで無く味も驚くほど美味しい。

どこからこんな発想が生まれて来るんだろう。タイのカフェはどこに行っても驚きと新鮮さと閃きを感じます。

お土産にタイの伝統的なお菓子も売っています。これもカラフルで可愛くて置物にしてしまいたい程です!

まとめ

バンコクからカンチャナブリに行くのはフローティングマーケットを含めた現地ツアーが多いと思いますが、日帰りではなく一泊して、あと一日現地の人が普段行くカフェやレストランにに行くと旅の特別な体験になること間違いなしです。

Meenacafeはその中でも突き抜けて心地の良いカフェなのでカンチャナブリを訪れた際はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

場所・営業時間

店名: Meenacafe
住所: 75/18, Tambon Muang Chum, Amphoe Tha Muang, Chang Wat Kanchanaburi 71110
電話番号: 085-681-8187
営業時間: 8:30〜19:00
休日: なし(不定休)

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!