プーケット・パトンビーチに行ったら外せないおすすめのタイ風おしゃれカフェ【Baba cafe food&drink】

パトンビーチ周辺のおしゃれなカフェ。

今年七本目の国際フライトでタイのプーケットに来ています。

ドライブで滝を観に行ったり海に出て一日を過ごしたり、新鮮なシーフードを食べたりとアクティビティに困らないタイのリゾート地プーケット。

しかし、せっかく時間がゆっくり流れる南国にいるのでアクティビティは横に置いてのんびりしたい日もあります。プーケットの中心地パトンビーチの周辺のカフェには、この滞在だけでもタイの友人と何度も足を運びました。

この記事では、その中でも最もお勧めなパトンビーチにあるカフェを一つに絞って紹介します。

お勧めは、パトンビーチ沿いにあるBaba cafe food&drink 通称ババカフェです。

早速ですが、写真と一緒にカフェを見ていきましょう!

目の前がビーチという絶好のロケーション。
道路を挟んですぐ前は海です!

入り口がこじんまりとした、コンパクトスペースにあるカフェになります。

タイのカフェはきっと想像を超えて来る

初めてタイに来た人はまさかタイのカフェがおしゃれだとは思わないかもしれませんが、タイ人が作るカフェはアイディアに富んでいてワクワクが詰まっています。

この記事のタイトルにもある「タイ風のおしゃれカフェ」は、アジア風では無くてタイ人センスのカフェのことを指します。

ババカフェは、まずメニューが可愛い。

メニューを開くと、文字だけじゃ無くて目で見て楽しめるメニューにワクワク感が隠せません。

コーヒーを飲みに来たつもりがメニューに惹かれて、バナナとパパイヤに蜂蜜をかけたヨーグルトをついつい注文。

見た目だけじゃ無く南国のフルーツをふんだんに使ったヨーグルトが美味しすぎます。

パパイヤが底まで詰まっていてヨーグルトなのにヨーグルトが入る隙間が少ししかありません。

蜂蜜の香りが口の中に広がって幸せな気持ちに包まれます。

居心地の良いカフェは三点セット

なぜこのカフェがパトンビーチに幾つもあるカフェの中で一番お勧めしたいかというと、これらのゆっくりと時間を過ごす条件が揃っているからです。


南国のカフェの唯一の弱点は、冷房が効きすぎてゆっくり出来ないこと。ここを意識してクリアしているお店の居心地は飛び抜けています。

また、ソファーだけで無くビーチ沿いを意識したマリン風の家具があるのもおすすめの一つです。

まとめ

タイは日本ではアジアンなイメージが強いですが、実際に現地に来て見ると独自のおしゃれに特化して成長を続けています。

様々な土地を渡り歩いていますが、既存のコピーでは無くオリジナルのデザインが多くて、日常の中で忘れていた「新しさに伴うワクワク感」が止まらないカフェ巡りはタイの隠れた観光ポイントです。
 
プーケットに来た際は、豊かでのんびりとした雰囲気を楽しめるババカフェに訪れてみてはいかがでしょうか。
 
神谷純平

場所・電話番号

店名: Baba cafe food&drink

住所: 150 Thawewong Rd, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150

電話番号: +66 88 088 8107 

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!