チェンマイ旧市街で5種のチーズブランチ。昼下がりを優雅に楽しむ日。

チェンマイでのんびりした1日を。

今日も午前中に仕事を終わらせて向かったのは、チェンマイで朝食とブランチが楽しめるお店チェンマイブレークファストワールド。歩きながらお店を探しているとリスを探すのに夢中になっているトラネコを発見!

タイの北部なので南国でも暑すぎず、木陰が涼しくて心地が良いチェンマイです。今回のお店は現地に住んでいる友人おすすめのお店で、何やらドイツ人がお店をやっているとか。欧米系オーナーの洋食は味が確かなので頭の中は美味しいご飯のことでいっぱいです。

早速お店の前で待ち合わせします!

ちょうど葉っぱの移り変わりの季節で、落ち葉の彩りが綺麗で良いタイミングで来れました。

時代はコロナ禍なので、体温チェックと消毒、入店登録をします。タイではどこでもこの体温チェックがメジャーになっていてどの施設に入る時も手でかざして温度を確認します。

店内は緑が多くて木陰が気持ちよく、背伸びをして手を広げたら一気に休日の空気が訪れました。日本の夏休みの余暇も好きですが、このヨーロッパ人が作る人生の余白のような時間も好きです。

豪華な朝食が有名なお店ですが、量が多いので個人的にはブランチ利用がベストなのではと思いました。チーズやスープ、ハムを楽しみながらゆっくりお茶をする時間です。

今回オーダーしたのは、、

彩りが豊かな5種のチーズの盛り合わせ。

本格的な2種類の生ハム。

そして、チーズを食べながら追加でオーダーしたスープとフランスパンを楽しみながら近況を話し合います。この写真のトムとジェリーに出てくるようなチーズがほどよく甘くて好きになりました!

コーヒーとオレンジジュースがセットに付いていて、追加でホットティーをオーダー。空間が心地よくて更にホットティーを追加。

のんびりした雰囲気で寛げるこんな時間を大切にしたい、そう思った1日でした。

まとめ

現地在住の友人に朝食で行ってみて良かったお店を教えてもらい、ブランチで利用してもいいのではという発想から始まった今回の時間。

実際に訪れてみると現地在住の欧米人のを中心にブランチ利用している人が結構いて、朝食利用もいいですが、昼下がりの木陰が気持ち良いのでブランチでの集まりをお勧めしたいお店でした。こんな日常が明日も続けばいいな。

神谷純平

行き方・営業時間

お店の名前:Chiang Mai Breakfast World
住所:24 1 ถนนมูลเมือง 2 ตำบล พระสิงห์ อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50200
営業時間:平日8:00〜17:00
お休み:月曜日が休日。日曜日は15:00まで
電話番号:+6653278209
公式WEBサイト:http://www.chiangmaibreakfastworld.com
旧市街のターぺー門辺りになります。道が狭く少し奥まったところにありますので、ターぺー門辺りから散歩をしながら歩くのもお勧めです。

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし9年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって9年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!