【猫カフェ】希少なカラカルとサーバルキャットに会えるタイのThe Animal Cafe Bangkokは、閉園したタイガーテンプルの後釜になる??

バンコクの猫カフェはあなどれない

最近は猫アレルギーなのにネコ科の動物にハマってしまって、世界中のネコ科の動物を観に行っています。

タイで有名だった「トラと触れ合える」タイガーテンプルが閉園してしまったのが残念すぎるのですが、その後釜になりそうな可愛すぎる猫に会える猫カフェを見つけたので今日はこのThe Animal Cafe Bangkokを紹介したいと思います!

「トラと触れ合える」タイガーテンプルの後釜というとハードルが上がりますが、そのハードルを超えてしまう動物がこのアニマルカフェで暮らしています。

なんとこのカフェには、日本では特定動物に指定されているカラカルとサーバルキャットがいるんです。

猫カフェを超えたアニマルカフェ

それでは、さっそくですが行ってみましょう!

入り口の看板はこのようになっていて、カラカルがメインなことが一目で分かります。
日本だとなかなかオープンする事が難しい猫カフェです。

でもこの猫カフェ。実は猫だけじゃないんです。アニマルカフェというお店の名前が大きなヒントになっています。

何だかおしゃれなドアを開けて、まず目に入るのがこの置物のようなフクロウ。

食べ物の注文をする前についカメラを取り出したくなるような目でこちらを見てきます。

席は一階席と二階席があるようです。一階はフクロウだけなので、二階に上がることにします!

そうすると出逢えるのが、、

完全に可愛いマンチカン。ダックスフンドのネコ版で短い足でちょこちょこ歩きます。

そして次に出迎えてくれるのが、、

まさかのアライグマ!手を合わせてサワディーカップ(こんにちは!)って言っています。

そしてまさかのと言えば、一時期日本でも流行ったウーパールーパーもいました。

まさにミニ動物園状態、アニマルカフェです!
水生動物がいるのには驚きでした。

フードメニューとシステム

カフェなのでご飯も食べていこうと思います!

まずこのアニマルカフェのシステムなのですが、最初に200バーツ(約600円)をデポジットとして入店時に支払います。ただこの200バーツはケーキやご飯に使うことが出来るので実質入場料は無料です。
※ドリンクには使えないのでそこだけが注意点です。

おすすめのスペシャルメニューから、僕はマッシュルームの唐揚げとカルボナーラを頼むことにしました。

この時に出来ればしておきたいのが、席の移動です。二階席は動物の匂いが結構するので、食事は一階でするのがオススメです!

フクロウは全く匂わないので、のんびりと食事を取ることが出来ます。

ここは動物を観たり触ったりするだけでなくご飯もおいしかったです!

ご飯を食べ終わると、店員さんがカラカルとサーバルキャットに触れ合うことのできる部屋に通してくれるので、そこでカラカルを抱いて写真を撮ったり一緒に遊んだりします!

カラカルとサーバルキャットは全く別種ですが、一緒に遊んでいたり毛づくろいをし合っていたり、ほんわかして最高に可愛いです。

タイガーテンプルでトラと触れ合うことは出来なくなってしまいましたが、ここThe Animal Cafe Bangkokはバンコクの中心街にあるので気軽に行くことが出来るのでオススメです!

そして、気になる場所は??

住所と行き方

住所: Soi Sathupradit 19, Sathupradit Rd., Chong Nonsi, Yannawa, Bangkok 10120 Thailand
電話番号: +6626740277
営業日: 定休日なし
営業時間: 11:00〜22:00
https://www.bangkokpost.com/lifestyle/restaurants/61834/the-animal-café

バンコクの中心地に位置していますが、駅から遠い場所にある為スマートフォンでタクシーが呼べるGrabTaxiを使って向かうことをおすすめします。

タイに行った際は、是非アニマルカフェで素敵なバンコク滞在を過ごしてみてはいかかでしょうか。

神谷純平

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!