バリ島デートはEl Kabron一点賭け。インド洋で一番美しいサンセットを一望せよ。【観光スポット】

初めてバリに来たけれど、意外とどこに行っていいか分からない。そういった方も多いのではないでしょうか。

正直寺院には興味がないけど観光地だから足を伸ばしてみよう。僕もそんなことを考えていたら、バリ島でビジネスを行っている友人からメッセージが。

バリ島に熟知している、世界を股にかけてビジネスをしている友人が教えてくれたインド洋で一番美しいサンセットが観れるレストランEl Kabron。インフィニティプールがど真ん中にあり、その先のVIPエリアが美しすぎて、気づけば僕の中の理想デートNO.1を獲得していました。

ここが本当に良かったので、次にバリ島に来る人に向けて役に立てばと情報を残しておきます。カップルで行く場合、プロポーズの場所に使っても良いほどです。

絶景サンセットがインド洋一面に広がる

まずはサンセット。バリ島のクタビーチとブルーポイントは正面が西に面している為、90度直下で沈む夕日が観れることで有名です。

世界中のサーファーが集う、この美しいリズムで寄せる波とサンセットの組み合わせは絶妙に美しい。それが、ここEl Kabronだともっと美しくて言葉にならないほどです。

写真はパノラマで撮ったのですが、この10倍増しと思って行っていただいてもいいと思います。

絶品スペイン料理に感動

そしてここEl Kabron。絶景だけでもお腹いっぱいなのに、食事が繊細で美味しい。写真手前が小さなオクトパスのクリーム和え。その上がロブスターの揚げ物で、口に含んだ時に広がる香りは、僕がここで表現するのではなく是非体感していただきたいです。

海外から一流シェフを呼んでここバリ島で最高のレストランを作りたい。そんな想いが込められた、きめ細やかなところまでこだわった料理は絶品美味でした。

料金システム

席によって料金が異なります。席のタイプはいくつかあるのですが、プールサイドかバルコニー席(VIP席)の二択になるかと思います。週末はプールサイドが欧米人で溢れていてごった返しているので、僕個人的にはバルコニー席がオススメです。

気になる料金はバルコニー席で一人75万ルピア(約6000円)。二人だと12,000円ほどです。ここに含まれているのが、モエのシャンパン2グラスと100万ルピアのデポジット。

この100万ルピアのデポジットを使って食事やお酒をいただくことが出来ます。メニューは0が3つ省かれた表記なので、ここはしっかりと押さえておきましょう。

※ウェルカムドリンクとしていただけるモエのシャンパンは他のカクテルに変えることも可能です。
※19時以降はエントランスフィーのみで入れますが、サンセットは見れないので注意です。

行き方・帰り方

タクシードライバーでこの場所を知っているひとはほとんどいないようです。ここで便利なのが、Grab TaxiもしくはUberという配車アプリになります。
アジア圏だとGrab Taxiがタクシーの数が多くてオススメです。

クタから7万9000ルピアほどです。ただここで問題なのが、もちろんGrab Taxiも行き方を知りません。基本的にはGoogle Mapsをナビ代わりにするドライバーが多いのですが、一点気をつけないといけないことがあります。

2016年9月現在、オレンジで囲ったポイントが車通行止になっています。ここで車を降りて約10分散歩をすればいいだけなのですが、ここでタクシーに任せてしまうとかなり迷うかと思います。

地元のドライバーなら分かりますが、ここでドライバーに任せるとかなり時間がかかりますので注意してください。

通常皆さんが宿泊されているクタからEl Kabronまでは、混み具合にもよりますが車で30分〜60分ほどです。9月13日現在、サンセットが終わるのが18:10ごろなので16時にはホテルを出ることをおすすめします。

帰りはレストランでクーポンタクシーが200万ルピア(約1500円)で呼んで貰えるのでこれに乗りましょう。

この記事を書いている人

台湾人の友達に好きな時に好きな場所で会いたくて、2013年に家を断捨離。WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を世界中の何処かで送っています。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

ゴンちゃん!いや、ゴンさま!!

どうやって2013年から終わりのない旅を続けられているの?

旅をしながらまだ見たことのない世界を、人生の時間がある限り半永久的に見続けられる【はじまりの手紙】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいているメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社員の時に知りたかった仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医師

僕も読んでます!


えええええええ。

あの時の医師の話はこちらをチェック