セブ・マクタン島で魚釣りとサムギョプサルの食べ放題が楽しめるレストランが動物園も付いてて衝撃的だった【KumKang 地図・行き方】

サムギョプサル食べ放題に魚釣りが付いて来る

三記事連続で魚釣りの記事を書いてしまい、いよいよこのブログは旅ブログから海外魚釣りブログになるんじゃないかと心配しています。

とは言え、韓国の友人に教えてもらったマクタン島で魚釣りが出来る食べ放題レストランが最高に面白かったので、今日は地図を交えて紹介させていただきます!

知らないとたどり着けない場所

このレストラン、韓国語で調べるとブログに場所が載っているのですが、日本語だと正確な場所までは出て来ません。というのも、かなり微妙な場所にあって中々説明が難しいのです。

日本だと住所をグーグルマップに入れたらいいだけの話なのですが、フィリピンを含め東南アジアだと地域までしか住所が無い場所が多々あります。

例えば東京都港区六本木くらいざっくりしていて、稀に東京都港区六本木一丁目まであっても番地はここら辺だからね。そんな緩さです。

このレストランに関して一番簡単な調べ方は「금강낚시」をコピペしてグーグルマップで検索すること!韓国人経営なのでハングルしかありませんがこれで出て来ます。

もしくは、AA BBQ SOONG BRANCHまで行ってこの地図の赤のPINまで歩いて探すこと。

細かな道のり

赤のPINまで行くとこのハングルで表記された看板がありますのでここで直進します。

次にRAMEDE RESORTという建物が正面に見えて来るので、この建物の左の道を進んで行きます。

少し進んでこの小さな入り口が見えましたらゴールです!

まさに知るひとぞ知る、たまたまでは辿り着けないレストランで、知っている人だけが来れるメインロードからかなり奥に入った僻地にあります。

釣りをしたいと言うとこの水上コテージに案内されますので、ここで食べ放題と魚釣りの開始です!

席について運ばれて来るのがこのサムギョプサル!では無くてオギョプサル。サムギョプサルは三層肉でオギョプサルは五層肉。皮がそのまま付いている豚バラはオギョプサルと言って本土韓国では高級肉だそう。

小鉢も充実していていい感じ!

ご飯も雑穀米で、白いご飯とガーリックライスが主流のフィリピンで嬉しい違いです。

ガーリックとキムチを鉄板の周りで焼いて焼肉を作って行きます!火力は炭火です。

大好きなサンミゲルライトを飲みつつチャミスルを開けて酔いが回って来ます!

そして気になっていた魚釣り。釣り竿のレンタルは無料らしくて、、

エサはまさかのサムギョプサル!!

エサは何を付ければいいの??と聞くと「え、サムギョプサルでしょ?」と当たり前のようにスタッフに言われます。

ちなみにこのご飯を食べながら釣りを出来るスタイルはベトナムではよくある光景で、ホーチミンにこれの元祖となるレストランが川沿いに多数あります。現地語しか通じませんがかなりのんびり出来るのでオススメです。

釣れるのは、テラピア!

テラピア!!

テラピア!!!

基本的にテラピアがこれでもかと言うくらい無限に釣れます。

他にもワニを飼っていたり、、、

オオトカゲが寝ていたり、、、

猿が高速で走っていたり、、何でもありなこの水上レストラン。魚釣りが出来てサムギョプサルが食べ放題というだけでも面白いのに更に規格外の発想です。

まとめ

サムギョプサルが食べ放題で魚釣りが無料というだけでも面白いのに動物園も付いてくる!
深夜2時までやっているというこのレストラン。たどり着くまでが大変ですが、一度行ってしまえば面白いので何度でも友人を連れて来たくなりそうです。

住所・営業時間

店名:KumKang 
住所:Bankal-Mahayahay-Soong Road, Maribago, Lapu-Lapu City, Cebu
電話番号:09176250055, 0324957854
営業日:月曜日〜日曜日
営業時間:10:00am〜2:00am
予算:サムギョプサル食べ放題300ペソ(約600円)チャミスル300ペソ(約600円) 

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!