【フィッシングツアー】タイのチェンマイで50KGのメコンオオナマズを釣る。

僕らは本当にしたいことを後回しにしがちです。時にそれを夢という都合の良い言い訳にしてしまい本当は出来てしまうのに、今実現できないことにしてしまう。

そうやって人生に限界を作っていませんか??会社員をしていた時、そんな生活をずっと続けていました。

今朝、こんなものを見つけたんです。

BIG GAME FISHING ADVENTURE TOUR !!!

これはいくしかないと思い早速現地でツアーを申し込み。

急遽冒険に挑戦することに。

なぜかタイヤだけ新しい車に乗って、レッツゴー!!(ワクワク)

チェンマイ市内から車で40分です。

ここでオランダ人とポーランド人に出逢い、車の中で長年の友人のオランダ人とずっとLINEをしていたことで話が盛り上がり、すっかり仲良くなりました。

このLINEをしていたオランダ人は、英語を話せるようになったきっかけをくれたひとで、また後日、英語を3ヶ月でマスター出来た理由を書こうかなと思います!

少し逸れましたが、さっそく釣りを開始です! 

餌はまさかの揚げパン?

左の一見やばい臭いがしそうなビニール袋。これが実はもの凄い良い香りがします。例えるならば、揚げパンにココナッツをふりかけた感じで一度食べたら止まらなさそう。笑

このパンを留めておくおく装置、初めてみたな。

ウキの下に撒き餌の揚げパン(美味しそう)をつけまして、針に食パンの耳をつけます。

ウキと揚げパンとパン耳と一見頼りないシンプルな仕掛けですが、PEラインという強度の高い糸を使っている丈夫な仕掛けです。

大自然の中に作られた釣り場。

出来るだけ遠くに投げまして、待ちます。

,,,,,,,,,,

基本的にオンラインで仕事をしているので、こういう時に少し溜まっていた仕事をiPhoneで済ませます。インターネットさせあれば、どこでも仕事が出来る時代。場所と時間を選ばなくてもよくなった現代。

もし出来るならば、将来の自分の子供にもこんな生活をさせてあげたいなって思います。


ドン!

リールに巻いてある糸がどんどん引き出されます!巻いては引き出され。格闘することなんと、30分。

この後、更に50kgの大物を釣るのですが、40分を越える勝負に疲れ切ってしまいまして写真がありません。笑

、、、

という訳で、一歩を踏み出したらいとも簡単に夢が叶ってしまったお話でした!

あなたも、男の夢。「チェンマイ怪魚釣り」に挑戦してみてはいかかでしょう?

場所・営業時間

住所:143 Loikroh rd. 50m. pass Royal Lanna hotel. In front of Samakkee charity foundation. Night market area
営業時間:月曜日〜土曜日 9am-7pm
料金:1600THB〜1900THB(5400円〜6500円)
釣れる魚:世界最大のナマズ,メコンオオナマズ
釣り道具一式:ツアー代金に込み

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!