【完全保存版】コムローイ祭り攻略法”タイで絶景のランタンを観よう!塔の上のラプンツェル”2015年初版

塔の上のラプンツェルのモデルになったお祭り

2015年11月24 〜26日にチェンマイで行われた、ディズニーの塔の上のラプンツェルの舞台となった、世界最大のランタン祭りに参加して来ました。

タイで行われる世界最大のお祭りはこのコムローイと水かけ祭りのソンクラーンがあります。
どちらもおすすめですが、今回はコムローイに実際参加してみて、インターネットに書かれている情報と現実が結構ずれていた為、レポートとして残しておきます。

このお祭りが結構ややこしく、まず”日程が直前にならないと決まらない”。笑

2015年8月の時点でも決まらず、ほんとうに1,2ヶ月前に決まります。それだけで行けるだけでも価値があるのですが人気イベントにも関わらず、公式チケットがたった3000枚で開催される年の前年に完売。

ハードル高すぎませんか?? でも大丈夫です。

結論から言いますと、開催日が分かってからチケットを取っても余裕で参加できますし、インターネット上に書いている直前にホテルを取らないとホテルを取れないと言う情報は、話が盛られすぎです。前日にagodaで宿を探しても通常通りホテルが取れますのでご安心ください。

まずこのコムローイですが、現地のお祭り「イーペン・サンサーイ」と、外国人向けのお祭り「イーペン・ランナー・インターナショナル」の2種類があります。

外国人向けのお祭りは例年メイジョー大学で行われ、3000個のランタンが一斉に上がります。
よくインターネット上で見るイメージはこちらのお祭りで、参加費100ドル(2015年11月現在12,300円)です。

ただ、このチケットは日本の旅行代理店が発売以前にほぼ全て買い占めるので、もし参加する場合は日本の値段で10万円〜25万円のツアーを申し込まなければいけません。
現地の人に頼んでも7000THB〜9000THB(24000円〜30800円)なので敷居が高く見えるお祭りです。

”ただ実際に参加してみて分かったのは、現地に到着してしまえば50THB(171円)の移動費で参加できてしまうことです。”

今年はランタンの打ち上げが飛行機の運航に影響を与えるという理由で、地元向けのイーペン・サンサーイは無くなるとインターネット上の信頼があるニュースに書かれていましたが、毎年行われているお祭りが、冷静に考えて無くなるわけもなく、外国人向けのお祭りに合わせて開催されました。

つまり、2015年は同時に行われるということで例年に比べて盛り上がりました!
これは2016年も同様だと推測されますので、ぜひに参考にされてください。

繰り返して言いますと、現地に行く勇気があれば、必ず「死ぬまでに一度は参加したいお祭り」に参加できますので、数多い情報に惑わされず行ってくださいね!

参加するには3つの方法があります。

、日本開催のツアーに参加する。

一番の正攻法です。海外旅行にあまり行ったことがない方はこの方法がおすすめです。基本的にこの写真を撮るには、ここメイジョー大学の敷地に入るしか方法はありません。

.現地ツアーに参加する

例えばこのツアーですと、450THB(1540円)です。現地のツアー会社、ホステル、ゲストハウス、着いてしまえば前日でも申し込みが出来ます。
冒険が好きな方はこの方法が一番のおすすめです。わたしは今回このツアーでHariphunchaoという、このツアー参加者以外、全員タイ人しかいないタイでも歴史が深い最大規模のお寺のお祭りに参加しました。

英語がわからない方も、集合時間だけ聞けば特に問題はありません。
What time should I comeback here?
(何時にここに帰ってこればいいですか?)だけ覚えておけばOKです!

3.自力で行く。

トゥクトゥクでメイジョー大学周辺まで片道50THB(171円)。ソンテウという乗り合いバス貸切で往復1000THB(3429円)※10人乗れます。

メイジョー大学周辺で自分でランタンを上げることが出来ますが、メイジョー大学には入れないので、目視でかなり近い距離で景色を見ることが出来ますが、写真を撮れる距離ではありません。
節約したいという方にはこれがおすすめです。

ハイシーズンだから500THBだと吹っかけてくるひとはトラブルの元なので関わらないように!

4.裏技 

これが意外と多かったらしいのですが、「メイジョー大学に17時頃に向かい裏口を登って侵入する」という方法もあります。ランタンを上げる列には入れませんが、写真はバッチリ撮ることができます。

ただ、あくまで裏技なので真似はしないように。

でも、こういう度胸があるからバックパッカーから起業家が生まれていくんだろうなと感じました。最近活躍されている起業家に、旅人上がりが多いのも頷けます。

実はタイではランタンはメジャーじゃない?

確かに絶景ですが、もともとは仏教徒の神様に感謝を捧げるこのお祭り。ランタンよりも、実はこの灯籠流しがローカルの中では一般的です。

”外国を理解しようとしないひとは時に侵略者となる”

渡航される方は、くれぐれもマナーを守ってお祭りをお楽しみください^^

祈りを捧げる人々

最高のコムローイ祭り、2016年も渡航決定です!!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!