コムローイ祭り攻略法”タイで絶景のランタンを観よう!塔の上のラプンツェル”ツアー編【2017・2018年完全版】

地球上で最も美しいお祭り

2016年11月14日にタイのチェンマイで行われた”塔の上のラプンツェル”の舞台にもなったお祭り、イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバルに参加してきました!

2015年に投稿したコムローイ祭りの記事を参考にこのお祭りに参加された方も多いようなので、今年も来年の為に情報をまとめていきます。2017年・2018年のお祭りに向けて参考にしていただけましたら幸いです。

コムローイ祭りは大きく分けて2つある

タイで行われる世界最大級のお祭りは、このコムローイと呼ばれるランタンを夜空に一斉にあげる通称コムローイ祭りと、街中が水浸しになる水かけ祭りソンクラーンがあります。

今回はコムローイ祭りについて書いていくのですが、まず最初に抑えておきたいポイントが一つあります。それはコムローイ祭りには2種類あることです。

現地人向けの「イーペン・サイサーイ」と、外国人向けにメージョー大学で行われる「イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバル」です。
※よくインターネット上で見かける画像は全てメージョー大学で行われる外国人向けのお祭りで撮影されています。

この記事ではイーペンランナー・インターナショナル・フェスティバルについて書いていきますので、現地人向けの「イーペン・サイサーイ」に自力で行く方法は、こちらをお読みください。

2017年、開催日はこうなる。

2017年・2018年の開催日ですが、これは開催日の2,3ヶ月前に決まります。2015年は11月25日。2016年は11月14日に開催されました。満月の日に合わせて開催されているので、この流れで行くと11月3日辺りになる可能性が高いかと思います。

日程は「仕事をしながら旅をする」をテーマにした僕の公式メルマガでもお知らせしますので、 JUMPEI公式メールマガジンをご登録していただくと便利かと思います。

コムローイ祭り チケット取得方法

このお祭りで最も重要なポイントが、どうやってチケットを取得するかという点です。コムローイ祭りはここ数年で認知度が上がり、公式価格100ドルのチケットは発売前に旅行代理店がほぼ全て買い占めてしまいます。

その為、このお祭りに参加するには日本料金で10万円〜25万円のツアーを申し込まなければいけません。
ホテルが付くとはいえ100ドル(約10000円)のチケットが10倍から25倍になります。
しかし、チケットを上手く手にいれる方法もあります。それは現地の旅行代理店を通してチケットを取得することです。

この3つの旅行代理店は2016年にツアーの販売を行っていましたので、2017年も扱いがあるかと思います。オンライン上で事前に予約が行えますので早めの段階でのお申し込みがお勧めです。

CMランナーツアー
ナラツアー
チェンマイハッピーツアー
※2021年7月29日現在現存している会社です。

値段はホテルが無しであれば、会場へのバスの送迎付きで5000〜7000THB(約15000円〜約21000円)になります。ホテルが含まれているツアーもありますが、直接予約の方がおトクな場合が多いです。

チケットが取得できなかった場合

実は今回、僕は事前にチケットの取得をすることが出来ずに、掲示板でチケットを7000THB(21000円)で譲渡していただきました。トラブルになる可能性もある為あまりお勧めは出来ませんが、どうしてもチケットがない場合は掲示板を使うのも一つの手です。

チェンマイ掲示板

コムローイ祭り当日の流れ

現地ツアー、もしくは僕のようにチケットだけある人は、20:00のコムローイ祭りに向けて合同の説明会に参加することになります。

僕はこのDUANGTAWAN HOTELに集合でした!

当日の流れなどを聞きながら、コムローイをあげる際の注意点を聞きます。コムローイは意外と大きく、知識が全くないとあげることが出来ません。

同時であげる為に必要な知識を学べるので説明会でのお話は重要です。

お昼の時間帯13時から集まる為、途中おにぎり弁当が支給されました!
これがなかなか美味しくて、説明会の途中に全て平らげました。

様々な国に行っていますが、タイの日本食のクオリティはダントツで世界一なので、万が一、タイ料理が苦手な人でも楽しめるかと思います。

説明会が終わると、幾つかのミニバンに分かれて会場に向かうことになります。意外と市内からは遠いので飲み物があるといいです!

会場に到着すると、まずはコムローイをあげる自分の席を確認することになります。モニュメントがカッコいい!時間はこの時点で18時前です。

席を確認した後は、このような変わった形のチケットを食事やお土産に変えることが出来ます!
真ん中の大きなチケットが入場券で裏側に自分の席番が書かれています。

お土産は、エコバックに入っていて、、、

何でしょう????

中身が気になります。

、、、、、!

2016年のお土産は、帰りの飛行機で役に立つ首枕でした!やはりこういったお土産があるのは嬉しいですね。

ご飯もタイ料理が一通り揃っていて、パッタイもタイのシュウマイもあって美味しかったです!改めてタイの食のレベルに驚きです。

席に戻るとお坊さんがお教を唱え始めています。

そして時は20時前。

一斉にコムローイの準備が始まります!

そして一斉に満月の夜空にあげれられるコムローイ。。。

2016年コムローイ祭りを振り返る

タイのプミポン国王が崩御されたことにより国全体が喪に服する期間に入った為、コムローイ祭りは一度は中止となりました。

しかしその後、規模を縮小させて行われることが決まり、イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバルは例年一人一つのコムローイを上げることが出来るのですが、今年は3人で一つという規制のもと無事施行されました。

規制のもとでしたが、3000ものコムローイが同時に満月の夜空にあがる様子は、地球上で最も美しいお祭りと言うにふさわしいものでした。本当に行ってよかったです!

2017年も必ず行くよ!

神谷純平

記事更新

2016.12.16追記
同時期に行われるコムローイ祭り(イーペンサンサーイ)に自力で行く方法をまとめました。

2017.9.1追記
本日現在、開催元団体の代表者に逮捕状が出ていることもあり、今年のイーペンランナーインターナショナルの開催は決定しておりません。

2017.9.21追記
公式発表で11月3日に開催が決まりました。今年も昨年に続き波乱な展開で、チケット争奪戦が始まっているようなので早めにチケットを押さえておくことをお勧めします。今年は4000席で、一人一つランタンを飛ばせるので昨年よりも大規模になりそうです。

最新情報は以下のメルマガで随時海外より配信しています。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


イーペンランナーインターナショナルの他にもラプンツェルの世界観を体感できるイベントはありますので、そちらも合わせてご紹介させていただきます!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!