ラオス最後の秘境 シーパンドンで釣りをする!現地ツアーでメコン川を攻略せよ。

メコン川で大物を狙う。

2020年5月現在、世の中はコロナ一色になっていますが、「アフターコロナで行きたい国はどこ??」そう言われたらタイ王国でエビ釣り、バリ島で磯からショアマグロ、そしてラオスのメコン川で釣りです!

実はラオス最後の秘境シーパンドンで釣りツアーに参加してまだ公開していなかったのですが、今回の記事で公開していきます。

豆知識として、ラオスに限らず東南アジアで魚釣りは生活に直結していて結構釣りをするのが難しい地域が多いです。なぜなら、魚=ご飯なので釣りをしていると自分の食料を盗られていると思う人が大多数だからです。

そんな中でも珍しくシーパンドンはここら辺が大らかで、釣りをしている人が多い地域でした。「ええええええ、聞いてない。そんな事だったら釣竿持ってこれば良かった!」と思った私。そして、この記事をシーパンドンから読んでいる貴方。冒頭にも書いていますように、釣りは出来ますので是非、ラオスで釣りをお楽しみください。

ドンデット島の、のんびり出来る大橋に行く途中見つけてしまったんです、、!

Fishingの文字を。

わたし

サバイディー!(こんにちは!)

数年前のヴァンヴィエンでよく見かけた家族経営のお店。こういう手作りな雰囲気がラオスの良さですよね。少し話がずれますが、こういうお店のお父さんが作るオーガニックビーフ(そこら辺にいる牛)のステーキが最高に美味かったりします。

釣りの料金は、一人で参加した場合は2時間で10万キープ(1185円)。

今回乗る船はこちらです!

この船でドンデット島の名所、夕焼けが綺麗すぎる大橋に向けて船を走らせて行きます。

船を止める時は、このように船が流されないように小さな島に紐をくくり付けます。

わたし

釣りを開始!

餌はミミズで、投げては待つスタイルの釣りです。メコン川ですが、流れが無茶苦茶速くて、セブ島のオスロブでジンベイザメを観に行ったら海流が強すぎてそれどころじゃ無かったことを思い出しました。

ところで、気づいたんです。この釣りは絶対に釣れないなと。

移動をする度に、ツアーのおじさんが良いポイントに網を投げまくるんです。

わたし

自由か!笑

よく見たら釣り針がボロボロだったので交換してみたり、餌を変えてみたり。

わたし

夢中か!笑

と、まあこんな感じでした。笑 
自由なラオスを全力全開で出されたツアーでした。絶対に自分の釣り道具を持ってもう一回戻ってくると誓った釣行。次こそリベンジだ!

まとめ

国内外どちらでも、魚釣りは、地元の人が釣りに対して理解があるかどうか。これに尽きると思います。

ラオスは魚が生活に浸透している為、経験上結構厳しい事が多いですが、ここシーパンドンは大らかで自由な感じですので、自分で釣具を持って釣りに行くには最高のポイントでした。竿を何本か持って、宿のオーナーと一緒に行くのも安全でお勧めです。

日本人だけじゃなく、現地人も無茶苦茶釣りが好きだったりしますので、釣りを通じて現地の友達が増えていくのも間違いなしです!

早く海外に釣りに行きたいなあ。

神谷純平

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!