【香港釣り情報まとめ】釣り堀じゃなくてもルアーで淡水魚が釣れるポイント・ライセンスの取得方法。

香港で釣りをしたいなんてどうかしてる。

久しく会ってない中国の友人が香港にいて、タイのチェンマイに行く途中で香港に寄って一緒にご飯を食べてきました。

「好きな時に好きな場所で友人と笑ってご飯を食べる」がテーマのこの旅も、自由度が増しまして世界中で魚釣りをしている最近です。

というのも、やっぱり自分に子供がいたとして父親として「人生は自由に好きなように生きていいんだよ」って言える大人になりたいんです。

香港といえば夜景と食だと思うのですが、夜景よりもやっぱり魚釣りをしたいよね!ということで香港で釣りをしてきました!

今日は香港の釣り情報についてまとめていきますので、ここで魚釣りをしたい方は是非参考にしてください。

香港で釣りをするにはライセンスがいる

香港で釣りをするのにまず必要になるのがライセンスになります。これは香港の水務局で30香港ドルで3年間の有効期限があるものが取得できますので、法律遵守で取得しておきましょう!必要になってくるのは、パスポート・現地の住所(ホテルも可)・現地の携帯電話の番号になります。

現地の携帯電話の番号は空港でSIMカードが買えますので、ここで取得します。
これはSIMフリーのスマホに入れて使うのですが、現在持っていない方はヤクオク・メルカリで中古のものが買えますので事前に買っておきましょう。Androidだと設定で戸惑う場合がありますので、iPhoneをおすすめします。

フィッシングライセンス要約

香港の水務局でフィッシングライセンスが取得出来る場所は2か所あります。湾仔とモンコックというエリアです。詳しいことはWebに載っていますので、一緒に見ていきます!

引用:WSD – Application for Fishing Licence

要約を翻訳しますと、「香港には釣り人にひらかれた計26の公共の川と池・湖があります。産卵期を除いた9/1〜3/31に釣りをすることが可能です。ライセンスは13歳以上であれば取得可能で、3年間のライセンスを30香港ドルで取得出来ます。通常、身分証明書と取得費をお持ちいただけましたらライセンスは認められます。」と書かれています。

香港水務局への行き方

今回僕は湾仔の水務局に行ってきましたので、画像で湾仔の水務局への行き方を紹介したいと思います!

まずは地下鉄で駅へ向かいます!香港の地下鉄はMRTではなくてMTR(Mass Transit Railway)と言われています。国や地域が変われば呼び方も変わるのが何とも面白いです。

駅に着いたらA1の出口を目指します。この出口から出ると真正面に水務局が見えるので迷わないかと思います。※香港の地下鉄は東京の大江戸線並みに深い場所を走っているので、エスカレーターが長いです。

出口を出ると正面に水務局が入っているIMMIGRATION TOWERがありますので、ここまでスカイウォークを使って歩きます。約3分ほどの道のりです。

建物に入りましたら左の通路に入り、直進すると正面に見えてくるのが香港の水務局になります!

入り口右にある発券機より整理券をまずは受け取ります。この場合、下の赤いボタンを押せばOKです。

待ち時間はあまりなく、椅子に腰掛けて約3分ほどで呼ばれました。外国でこういった経験はワクワクです!

Fishing Licenseと書いてあるここが窓口になります。ここで書類を書いていくのですが、ここでは先述したようにパスポートを提示して、香港の住所・現地電話番号・名前を申し込み用紙に書けばOKです。

ライセンスを取得するにあたっての注意点を英語で読んでサインします。要約を翻訳すると、「360mm以下のブラックバス、300mm以下の雷魚、他180mm以下の魚を釣った場合は生きたままリリースしてください」などが書かれています。

香港水務局 住所・営業時間

住所: Wan chai Customer Enquiry Centre 1st Floor, Immigration Tower, 7Gloucester Road, Wan Chai.
営業日: 月曜日〜金曜日(土日・祝日はお休み)
営業時間: 8:30〜18:30
フィッシングライセンス申し込み可能時間: 9:15〜17:00

香港の河川でルアー釣りをしよう!

さて、これで魚釣りをする準備は万全です。香港でも数少ない、ルアーで釣れる河川のポイントを紹介させていただきます。まず押さえておきたいのがSheung Shui Riverです。大型の肉食魚が塊まっているのはこの川になります。最寄り駅は上水駅。湾仔から電車で40分の距離です。

上水駅からMapを見てSheung Shui Riverに向かうと約15分ほどで河川が見えて来ます。写真を載せておきますので、ここを目指して行ってみてください。トップウォーターで大型の肉食魚がすごい水しぶきを上げてルアーを追ってきます。

香港で釣りをして思ったのは、やっぱり世界で釣りって面白いということ。明日もタイのチェンマイで全長170cmを超えるメコンオオナマズを釣りに行ってきます!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!