【年会費14万円】幻のブラックカードを取得。ダイナースクラブプレミアムを持って知った「年収よりも無形の資産が大切な意味」

六本木で学んだ人生を変える3つのコツ

「好きな時に好きな場所で親友と笑ってご飯を食べる生活」が出来たらなあとホテル暮らしの世界旅を始めて数年。旅先で出逢う「仕事の仕組み」に興味を持ち、じぶんでも仕事の仕組みを作り始めたところ、気づけばブラックカードを持てるまでになっていました。

六本木で働いていた頃はどうやったらこのカードが持てるのだろうと、ずっと考え抜いていたのですが、分かったことは結局シンプルで。

・靴を綺麗にしておくこと
・財布からポイントカードと診察券を捨てる
・人の話を聞くことでした。

これしかしていないと言うと嘘になりますが、足元を綺麗にして隣にいる人が一緒にいて胸を張れることや、自分の意思で取捨選択ができること。チャンスを掴める力として、人の話を敬意を持って聞けること。

そんな基準を当たり前にして日常にする為にどうするか考え、行動すると見えてきた世界でした。

そんな話はさておき、年会費14万円も払うのは見栄でしょ?

という声が聞こえてくることを想像して、まさか自分が持つようになるとは思わなかったブラックカードの正体を少し暴いていきます。

世界一マイルが貯まる幻のカード

このダイナースクラブプレミアムカードは、世界で一番マイルが貯まるクレジットカードです。(2017年現在)

100円で2マイルを基本として、ホテル予約時には100円で8マイル貯まります。1マイル2円の価値があると言われているので、実質的には100円で16%と圧倒的な還元率です。

このブログを読んでくださっている方は旅人が多いと思うのでポイント貯められるサイトを紹介しますと、ExpediaやHotels.com経由でこの還元率です。

年会費無料のクレジットカードだと、例えば1ヶ月にホテル代で80,000円使うと100円で0.5マイルなので400マイルしか貯まりませんが、年会費14万円のダイナースクラブプレミアムだとそれが6400マイル。ホテルに泊まるだけでANAで毎月東京〜札幌間の搭乗チケットに交換できます。

月80,000円というと都内の平均的な家賃よりも安いと思うのですが、一年間クレジットカードを経由させるだけで、家賃が東京〜ハワイの往復チケット2回分になるのでこれだけを見ても14万円が高すぎるとは言えません。

とは言え、ほぼ365日ホテルで暮らしている人もそうそういないので、やはり誰もが持てないと言うよりは、限られた人にしか必要のないカードという言葉が近いと言えます。

ということで、実際にダイナースクラブプレミアムという黒いカードを持って知ったことは、決済額が多い人、もしくは、海外で使う機会が多い人が持つことで半自動で航空券が付いてくる不思議なクレジットカードだったということです。

無形の資産を積み重ねる

僕の生き方はかなり特殊かもしれませんが、このライフスタイルを通して知った世の中の仕組みがあるので、これを話してこの記事を終えたいと思っています。

銀行の定期預金に100万円貯めても一年間で80円にしかならない時代ですが、この世の中には一つだけお金を増やす手段があります。

それは、お金を無形の資産に変える選択を選べるかということ。

語学学校に投資して英語力を付けるのも、お金を知識という資産に変えることですし、大切な日にプレゼントが出来る選択自体も無形の資産の一つになります。

わたし

知識に換えるか、自分以外の誰かの為の幸せに換えるか。大体ざっくりこの二つだと思います。


毎月決まった月収を貰って貯金しても自分の夢を叶えることが出来ないと知ってしまったら、やるべきことはお金を無形の資産に変えていくことです。


僕が叶えた夢は、友人が困っている時にいつでも助けに行ける時間と経済力を持つこと。これを新たな基準として、まだまだ世界を巡る旅は続きます。

後書き

ここ数年国内線でお金を払って飛行機に乗ったことがありません。マイルの効果的な貯め方は限定記事にまとめていますので、はじまりの手紙よりPASSWORDを受け取りご覧いただけますと幸いです。

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!