叶わないはずの夢をかなえた断捨離。

商品の仕入れと開発で3ヶ月定期でここバンコクに来ています。

タイと言えば、象やバックパッカーの聖地カオサンロード、夜の街がすごいという印象を持つ人が多いのですが、わたしのタイのイメージはこのような感じです。 

シャンデリアが溶け込む携帯ショップ

まるでクラゲが泳いでるようなカフェ

どうしたらこんなにお洒落空間になるの??

神谷純平式断捨離

タイだからタイパンツでリラックスしようというのもいいのですが、あえて観光客にならずに、タイからお洒落をインストールしています。

二日間、短パンビーサンで過ごしてみたのですが、やっぱり僕は磨かれた革靴を履いてジーンズを履いたほうが気持ちがシャキッっとして居心地がいいです。

もちろんタイパンツでのんびりもいいですが、綺麗な格好をした結果。お洒落なカフェに入れたり、スカイバーに準備をせずに入れたり、ビジネスの場に行けるほうが僕はワクワクします。

そんなわけで、どんな訳でしょう?

今まで持っていた洋服を全部捨てました。いつもタイに来たら、バイヤーという名前を使って着ている服をすべてアップデートします。

NYやヨーロッパも魅力的ですが、タイにはそれに劣らないファッションセンスがあります。タイ=タイパンツと民族衣装ではなくて日本で1枚7000円するTシャツを卸値で揃えます。

どれだけハイブランドな服やカバンを持っていても、それがヨレていたらカッコ悪いし、いつ訪れるか分からない毎日のチャンスを捨てることはしません。

ブランド物などを、一緒にいる人の為に買って身につけることは、一緒にいる相手に自信が生まれてとても素敵なのですが、それがボロボロだったら一緒に歩いていて恥ずかしいですよね?

ブランドものもノーブランドものも、長く使えるものよりも綺麗な状態を保つことに意味があると考えます。

神谷純平式断捨離、それは常にアップデートする為の脱皮のようなものです。

断捨離をすればするほどよくなっていく。

今日も好きなものをカバンに詰め込んで、世界を旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って友人とご飯を食べる生活』を実践します。

後書き

この記事は2015年に書かれたものですが、2021年現在でも同じ価値観で生活を送っています。清潔感のある服装で過ごしていたからこそ出逢えた人や考え方が糧になり、今も見たことのない世界を毎日見ることが出来ています。誰かのためのお洒落は結局すべて自分のためになっているのです。※神谷純平式断捨離は、水野敬也さん著『夢をかなえるゾウ』からひらめきを得ました。

この記事を書いている人

台湾人の友達に好きな時に好きな場所で会いたくて、2013年に家を断捨離。WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を世界中の何処かで送っています。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

ゴンちゃん!いや、ゴンさま!!

どうやって2013年から終わりのない旅を続けられているの?

旅をしながらまだ見たことのない世界を、人生の時間がある限り半永久的に見続けられる【はじまりの手紙】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいているメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社員の時に知りたかった仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医師

僕も読んでます!


えええええええ。

あの時の医師の話はこちらをチェック