バックパッカーでもホームレスでもない家に所属しない生き方。

こんにちは!「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる」をテーマに年間3分の2を海外で旅して4年目になりました。神谷純平です。

今月は日本に留まりまして、福岡/東京/岐阜/名古屋/大阪と、久しぶりに日本を回る生活をしています。美味しいご飯を友人と一緒にゆっくりと楽しむ時間が最高です。


基本的に冬は南国にいるので、やっぱり日本は寒いなと感じています。夏と冬どっち派かというと断然夏派でして、一年中暑いタイでもタクシーや電車が寒くて長袖を常に携帯しているほどの寒がりです。

朝寒ければ布団から出れないこともありますし、僕にとって暖かい場所にいるというのはそれだけでアドバンテージなんです。そんな、今すぐ日本を出て南国に行きたい気持ちは横に置いておきまして、今日は断捨離の話です。

じつはこのブログなんですが、検索でたどり着いていただける方の検索が「断捨離 効果」が圧倒的に多いんです。タイトルが、断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。なので当たり前かもしれません。

ちなみに今の荷物はこれしかありません。

!?!?

ブログのタイトル通り、家を持たずに旅を続けて3年目になり、Macbook一台で仕事を作りながら世界中を旅するライフスタイルを送っています。ちなみに目的は何度でも言いますが、好きな時に好きな場所で笑って友人とご飯を食べたいからです。

今日は断捨離を続けて家がなくなり、日常を過ごす中でますます豊かになっていると感じるこのライフスタイルが改めて良いなあと思ったので、家がないことがどれだけ素晴らしいか書き綴りたいと思います。
正直、断捨離もここまでやらなくていいと思いますが、家がないこの生活が大好きです。

家を捨ててよかったこと。

1,好きな時に好きな場所に行ける。

荷物が少ないので、好きな時に好きな場所にいつだって行けてしまいます。
このライフスタイルを目指そうと思ったのは、精神的に辛い思いをした時にいつも助けてくれた台湾人の友人が困っていた時に、会社に拘束されてお金も時間も無く悔しい思いをしたからなのですが、

今だったら世界のどこからでも飛行機で5時間以内で駆けつけることができます。

2,家賃や光熱費を自分でコントロール出来る。

今はあまり気にすることは無くなりましたが、旅をはじめた当初、家賃をその時の収入によって自分で選ぶことが出来たのが良かったです!光熱費はホテル暮らしなので0です。
そしてこの生活で少しお気に入りなのは、トイレットペーパーなどの日常的な備品を気にしなくていいことです。

衣食住の住をサービスとして買うことによって人生の自分の自由な時間が増えています。

3,家に住んでる時よりも収入が増えた。

世界中で旅をしながら稼いでいる人の希少な情報が、仲間同士でSHARE出来るようになった結果、旅をして稼ぐことに困らなくなりました。会社と自宅の往復5kmの範囲内で3年過ごすのと、国と国の1000km単位の範囲内で過ごす3年間はあまりにも大きく違いました。世界中の大富豪から学んだこと、親友になったミスワールドから学んだこと。

これは定住するスタイルではたどり着けなかった人生です。

4,人を大切に出来るようになった。

世界中で多くの異なる文化に触れることによって、全く怒らないようなりました。
選択しているのは自分だと常に、意識・納得出来るのでイライラしていることがあれば、変われない自分にイライラしているということに気づけました。

結果、かけがえのない友人の人生の時間を大切に出来るようになりました。

5,朝起きるのが楽しくなった。

毎日追われるものがないので、朝起きるのが楽しくて仕方ありません。

追われる生活から好きなことを追いかける生活へなりました。

今日はここまで!旅もブログもまだ続きます。  

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!