【海外起業】カンボジアで現地人向けに求人広告を打ったら予想外の展開になった。Facebookで人材を集める方法

郷に入れば郷にしたがえ

ここ一年の内で、カンボジアで釣具屋を開いてそこで得た知識を元にフランチャイズ契約を考え、旅をしながらも多店舗拡大して行き譲渡という道を辿って来ました。

もともと日本でも会社をやってるのですが、ほとんどをオンラインで仕組み化していて旅が出来ているくらいなので、実店舗で人を雇うというのは初めての試みです。

舞台はカンボジア。どうすれば優秀な人材が見つかるのか。出来れば日本人を雇うよりも現地の人の雇用を増やしたい。同じ給料ならば現地の人とやってみたい。

今日はカンボジアで求人を行うにはどうすればいいか。そんな海外ビジネスの話です。

どうやって人を集める?

まず最初に始めたのが人づてに働きたい人はいないかと聞くこと。
紹介なのでお金を持ち逃げしてしまうリスクや人柄が分かるのでこれで人が集まるならベストな選択です。

でもこの求人のデメリットが「結果が出るまで時間がかかる」という事。結局は他人任せなので人が集まるまでスピード感がありません。

ここで出てくるのがオンラインの世界です。

カンボジア人が使うSNS

現地で過ごし始めて知ったことは、Facebookがメッセンジャーの主な手段になっていたりモノの売り買いのプラットフォームになっていること。

これは求人も例外ではないようで、求人専用のFacebookグループがあるほどです。

メンバーの人数を見ればその規模が分かると思うのですが、その数なんと、、!

お店を出した地域シェムリアップの2012年の人口データが189,292人なので、計算すると4.7人に一人が登録しています。求人サイトとしては最大規模のコミュニティです。

求人広告の出し方

Facebookで人材を集めるには少しコツがあります。

・場所を明記すること
・就労時間を明記すること
・必要なスキルを明記すること
・給料にあわせてボーナスを明記すること
・仕事以外に得られることを明記すること
・写真で働く場所がイメージ出来ること
・難しくしないこと

ほとんどの求人はお堅いポスティングが多いので、これだけでも十分他者と差別化できます。

反応はどれくらいあるのか

実際に連絡があった数が一時間で10名。条件がいいこともありますが驚きの数です。

if you interested this job, you can send message(もし興味があればメッセージをください) と書いているのでここでコメントして来た人とメッセージを送って来る人で最初に振り分けを行います。

CV(履歴書)を即座にPDFで送って来る人がいるのですが、そういう人は慣れすぎている=他の人にも数で当たっていることが考えられます。

個人的には熱意がない人に時間を使うのがもったいないのであえて送ってこない人を面接するようにしています。※採用は人それぞれだと思いますので履歴書がある方が良いという人もいると思います。

面接はカフェで行います。

会いたい人が絞れたら1日で5人とアポイントを取ります。5人と話すのは大変だと思うところですが安心してください。

経験上60%以上の確率でドタキャンします。 

日本と違って仕事の優先度が異なる南国なのでこんな感じです。

大きな心でのんびりとぼちぼち行こうかと思うアンコールワットの街。でもそれでいいんだと思います。のんびりとじっくりと、一つ一つ積み重ねて確実に上手くいかせることが大好きでここまでやって来ています。

神谷純平

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!