フィリピン人がローカライズするポケモンGOの楽しみ方が面白い。

いよいよフィリピンにもポケモンGOが上陸しました!フィリピンと言えば、綺麗な海よりも素敵な笑顔の「人」が一番の魅力ですね。

僕にとってのフィリピン人は、ゲームセンターの音楽に合わせて踊っていたり、お店のデモ用のカラオケの機械をカラオケにして歌っている、人前に出ることに恥ずかしさのないオープンなイメージです。

そんなオープンな国民性を持つ彼らが、スマホを見つめ続けるゲームに興味があるのか?と思っていたのですが、実際にフィリピンに来てみるとピカチュウ!ピカチュウ!と全力で楽しんでいる姿が広がっていました。

さすが、全く同じポケモンGOでも楽しみ方がローカライズされてる!!と思ったものです。それでは早速ですが、どれだけフィリピンでいまポケモンがアツいか見ていきましょう。

セブ島の大型ショッピングモール、Ayala mallでは開始して間もなくというのにさっそくポケモンGOのイベントが開かれていました。

DJがポケモンの音楽をMixしていて、それに乗って踊りだすフィリピン人を見て僕は思いましたよ。

これこれ!!

何でも楽しんでしまう姿がさすがです。

ビジネスとして使うお店も多く、レストランの前にある「ポケストップがあるよ!」という標識につられて、僕もついつい入りそうになりました。

フィリピンでも経済効果が大きそうですね。いたるとろでポケモンが捕まえられている姿は、やっぱり日本人としては嬉しいものです。

ポケモンGOのアジア圏での更なる飛躍に期待です。

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!