【ラオス最大規模の野外フェス】ヴァンヴィエン音楽フェスティバルに参加したらタイのLABANOONが来た!

ヴァンヴィエンで音楽フェス?

バンビエンに到着してホテル探しをしていたのですが、どのホテルに行っても皆口を揃えて16日と17日は予約が埋まっていると言うのです。

聞くところによるとラオスでは一年に一度あるかどうかの大型のフェス、Vangvieng international Music Fes2016が開かれるということ。

場所はどこ?と聞くと「ここから5km北に行ったところ」と言うので、じゃあ近いし行くか!となりまして、行ってみたらこれが素敵な出逢いでかけがえのない体験になりました。

ラオスのヴァンヴィエンと言えば、のんびりリアル版 ぼくのなつやすみ生活のイメージですが、楽しすぎたので来年はフェス目当てに来るかもしれません。

来年2017年以降も開催されるそうなので、次回行く方の為に、チケットの取り方からアクセス、そしてフェスの概要まで、全てまとめておきますので参考にしていただけましたら幸いです。

あの大型アーティストが出演

クラブミュージックで場を盛り上げるフェスかと思えば、16日のメインイベントとして、タイやラオスで知らないひとがいないと言われるタイのバンドLabanoonが出演しました。

タイを旅していると、タクシーやレストランでよく聞くバンドです。そのバンドを生で観ることが出来て最高な経験でした。

洋楽やJ-POPもいいですが、意外とハマるタイミュージック。

そしてこの音楽フェス。実は二日間にかけて行われるものでした!二日目も同様にメインアーティストは、タイのロックバンドBIG ASS。あとは有名どころでDJ JUSTRIが出ていました。

出演者一覧から見て、基本的にこの音楽フェスはLABANOONとBIG ASS以外はDJイベントと言えます。

しかし実際には、ラオス人が家族連れで子供を連れて来ていたり、なんというか、とても健全な場でした。

チケットはどこで買える?当日チケットは?

実際にこのイベントはかなり人気で、当日券が現地で売っていなかったこともあり、前日までにチケットを手に入れる必要があります。

いくつかポスターを貼っているお店を回ったところ、このK-MARTというお店でチケットを売っていることが判明しました!

開催4日前だったこともあり、まだ在庫は十分にあったようです。ここで支払いを済ませてチケットを手に入れました。

16日と17日に有効なチケットでお値段70,000キープ(約1,000円)。13時から会場と書かれています。

ラオスの音楽フェスは先進的

資金や技術的な話では先進さで欧州に及ばないラオスですが、ラオスでもタイでも資金という枠を超え、オリジナルのアイディアで勝負してくるところが魅力的で、ここが見所になります。

ヘッドホンがぶら下がってなんだこれ?と思っていたら、正面のDJが音楽を流していてその音楽をヘッドホンで聴くというものらしい。

この時は人がいませんでしたが、少し経つと、、、

こんな感じでノリノリです。左の女の子はずっとリズムに合わせて踊っていました。これならばナンパをされる心配もありません。笑

そして音楽フェスなので、大規模な飲食エリアもあります。

アンブレラで装飾されたエリアは美しすぎました。皆んなラオビールを飲んで乾杯しています。低い椅子で集まってご飯を食べる辺りがローカル色も残していていい感じです。

もちろんラオビール以外にもおしゃれな屋台にカクテルは色々ありますので、試せるだけ試してみてもいいかもしれません。

気になるアーティストやDJがいたら戻ったり、疲れたらのんびり誰かと話してみたり、一人一人好きな楽しみ方が出来るのがフェスのいいところですね!

アクセス

Lom Caveというところにあるのですが、英語表記がGoogleマップに無くて検索しても出てきません。ですので、印をつけておきました!

ヴァンヴィエンは道が一本しかないので分かりやすいと思います。13号線を北に走っていきVang Vieng Marketを過ぎて3本目の道を左折です。

レンタルバイクでも自転車でも行けますが、お酒を飲むことを考えるとトゥクトゥクがオススメです!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!