タイ・バンコクで新型iPhoneのSIMフリーを発売日に並んで買ってみた話。

新型iPhone SIMフリーを求めて

世界を旅する中、どこかのタイミングで買おうと思っていたiPhone7。在庫数が落ち着く来月あたりに香港で買おうと思っていたのですが、タイでもiPhone7が発売になるということで、せっかくなので発売日にバンコクで手にいれることにしました。

オンラインで仕事をするにはやはりガジェットは最新でなければいけませんね!

そこでまずは発売日に合わせてApple Storeを探すことになるのですが、タイにはApple Storeはありません。

じゃあどこで買うの?という話になると思うのですが、タイにはiStudioという代理店のようなAppleの製品を専門に取り扱っているショップがあります。

バンコクですと、BTSサイアムが最寄り駅のサイアムパラゴン。BTSチットロムが最寄り駅のセントラルワールドに出店しています。

僕の個人的な意見なのですが、このようなショップを僕はずっと偽物のストアだと思っていたんです。

わたし

Apple Storeのコピーやん!

こんな感じで思っていたのですが、実際3年ほど通ってみて、結構しっかりしていることを知りました。Apple Storeがない国で暮らしている方はAppleStoreと同等の感覚で通っていますし、僕も今となってはその中の一人です。

タイの発売日 当日在庫はあるのか?

時間はお昼の12時。少し出遅れた感はあるものの、バンコクで最大規模のショッピングモール、サイアムパラゴンへ向かいました。

とにかくショップ内は人が多かったので、すぐさま店員さんに声をかけることに。

残念ながら在庫は色は揃っているものの、容量は32GBしかないとのこと。
でもここで諦めずに、隣駅のチットロムへ向かいました。

あれ?iStudioってこんなにもカッコイイ雰囲気だっけと思いつつ、空いている店員さんを見つけて在庫を確認。

欲しいのは256GBのブラックだったのでそれを伝えると、なんとまだ在庫はあると言います!ここで13:25です。発売日が10月21日の金曜日と平日だったこともあり、幸い在庫を確保することが出来ました。

この用紙を持って列に加わります。列に加わると言っても在庫は確保済みなので安心です。ここで時間があったので、タイのiPhone7の周波数帯を調べることにしました!

SIMフリーのiPhoneと言っても実はいくつか種類があって、昨年買った台湾のiPhone6Sは香港版と同規格。今年シンガポールで買ったiPhoneSEも同様に香港版と同規格だったことを覚えています。Googleを使って調べたところ、タイのiPhone7はA1778という型番で、香港版ではなくアメリカ版になるようです。

こんな感じで並んでいたのですが、日本人は僕一人というアウェイ感。その中で順番を待ちます。

一人一人にケースとフィルムを勧めて客単価を上げようとしている為、全然列が進みません。笑

顧客としてはあまり歓迎できませんが、経営者の視点として見ると素晴らしいスタッフを持っていて羨ましいです。

並んでいる人にはペットボトルの水が配られたりして、嬉しかったです。商品を受け取れたのは並び始めて約1時間30分ほどでした。

タイのiPhoneの値段は日本よりも安い?

iPhone7の256GBは約11万円くらいのイメージで買いに行ったのですが、値段は34,500THB(104,844円)でした。
※実際にはここからTaxの還元が7%あるので7,339円の還元があり97,545円になります。

参考までに日本の場合だと94,800円に税込で102,384円。香港の場合だと無税で96,267円です。Taxの還元を考えると日本人からすると日本で買うよりも海外で買ったほうが安いようです!

Tax Refundの方法はどうする?

Taxの返金申請は購入時にパスポートを見せるとこのようなカードが発行されるので、このカードを持って空港で出国前に手続きをすればOKです。

パスポートは原本が必要というわけではなく、番号を控えるだけなので僕の場合はいつもスマホのカメラロールに入っている写真を見せています。

タイでiPhone7を買ってみて

今まで世界中でiPhoneを買っていますが、断トツでタイの店員さんは優しいです。
タイは親日国の一つなので、常識の範囲内で丁寧に関わればトラブルは限りなく少ないと思います。
旅や旅行のついでにiPhoneのシムフリーを買いたい方は、バンコクのiStudioがおすすめです!

この記事を書いている人

わたし

WEBで仕事を作り、仕事を仕組み化して旅を続けている神谷純平といいます。

場所と時間にとらわれず「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べたり、水族館でしか見れないような魚を釣る生活」を今日も世界中の何処かで送っています。
台湾で暮らす親友に会いたい時に会いに行きたくて2013年に家を断捨離してホテル暮らし8年目。

ひとりの変わった女の子に会って人生を変えたわたしのストーリーはこちら!

ゴンちゃん

お母さんが言ってたの!人生をワクワク生きる為には、荷物を持つ不安よりも大切な◯◯を持ちなさいって。

わたし

健全な男子が女の子の家に遊びに行って起きた事件とは?!なお話です。

どうやって8年も旅を続けられているの?

わたし

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

世界を転々としながらまだ見たことのない世界を見続けられる仲間を増やしたくて【はじまりの手紙】として【仕事の作り方】を旅先でじっくり時間をかけて書き上げました。

国内外5,000人以上の方にお読みいただいている無料のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

これから旅をしながら仕事をしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
お金を貯めて旅をして、またお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです。

わたし

僕が会社勤めの時に知りたかった場所を問わない仕事の作り方を、事細かに順に書いています。海外在住者、自営業、お医者さん、政治家、獣医さん、有名芸能人まで読んでいる謎の読者層。

あの時の医者

僕も読んでます!

わたし

えええええええ。

あの時の医師の話は、こちらをチェック!